猫のうんちが黒いと危険?原因を教えて! | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫のうんちが黒いと危険?原因を教えて!

排泄物は健康のバロメーターと言われていますが、それは猫にとっても同じです。

1日に何度かするトイレ掃除の際に、うんち形や色を注意してみるようにしています。

面白いことに、多頭飼いでも慣れてくると、このうんちはどの子がしたか分かってくるようになります。

ですがふと、うんちチェックを行った際に、

「え!?うんちいつもより黒い!?」

なんて事が起こったら、飼い主さんは心配でたまらなくなってしまいますよね(T_T)

今回は、猫のうんちが黒い事に関する記事になります。

正常なうんちはどんな色や形をしているの?

猫は1日に1回〜2回、うんちをします。

しっかりとした形で出てきていて、ツヤがあるうんちがいいと言われています。

また片付ける際にスコップで持ち上げても崩れないもの、色は少し濃い黄土色が正常です。

食べているキャットフードによっても色は変わることがあります。

臭いに関してですが、異臭を感じないものが理想とされています。

ですが、普段より臭いうんちをした場合でも、フードを変えたなどの変化で臭いの変化が起こる場合があります。

また、人間の食べ物をあげてしまっても臭いが変わる事もあります。

さらに穀物を多く食べてしまった時などに、起きる消化不良が原因の場合があります。

 

大切なのは、飼い主さんが日ごろからうんちチェックを行ってあげる事です。

普段とは違ううんちだと思ったら、早急に対応してあげなければいけないケースがあります。

黒いうんちは正常ではないの?

いきなり不安がらせる事を言ってしまうかもしれませんが、猫の為です。

黒いうんちは正常ではありません!

メレナやタール便と呼ばれていて、血液が混じっているために黒くなっています。

黒いうんちは食道や胃、小腸などからの出血を意味しています。

すぐに獣医さんに連れて行きましょう。

胃潰瘍、腫瘍、猫汎白血球減少症などの病気のサインであり、これらの病気は猫の命に関わる危険な病気です。

特に猫汎白血球減少症は猫にとって最も危険な感染症の一つです。

別名「猫伝染性腸炎」や「猫パルボウイルス感染症」とも呼ばれています。

ワクチンを接種していないと100%の確率で感染し、体力や免疫のない子猫が感染すると致死率は70〜90%に達するそうです。

不安がらせ過ぎて申し訳ありません(^^;)

今例にあげた病気などは、最も最悪な事態の場合です。

ですが可能性もゼロとは言い切れませんので、早めに病院に連れていくようにしましょう。

病院に行く前に準備して欲しい事

黒いうんちをしたら、早めに病院に行くようにして下さい。

その際に猫のうんちも一緒に持って行くと、獣医さんも診断しやすくなると思います。

うんちを取る時は、ティッシュを使ってしまうと繊維が付いてしまいます。検査の妨げになる事があるので、ビニール袋を使用するようにして下さい。

量は大人の手の人差し指の第一関節ほどの量で充分です。

かかりつけの獣医さんがいる場合は、電話をして聞いてみるのもいいかと思います。

キャットフードに気を使い、健康的な体作りを!

普段与えているキャットフードに、あなたはどのくらい気を使っていますか?

このような健康被害から猫の体を守るためにも、フードには必ず気を使うべきです!

ペット先進国のイギリスのペット事情は日本よりも発展しており、ペットフードに関しての意識も高いのをご存知ですか?

日本のキャットフード事情は、まだまだイギリスよりも進んでおらず、

・猫が苦手な穀物が使用されている

・○○ミール、4Dミールが使用されている

・添加物が使用されている

このようなものが使用されている事が多いのも事実です。

このようなフードは安価な価格で購入出来る反面、安全面にはとても不安が残ります。

人間で例えると・・・

①毎日栄養バランスの良い食事をとる

②毎日コンビニ弁当やお菓子、カップラーメンで過ごす

どちらが病気をせずに、長生きするかは一目瞭然です。

猫は自分でご飯を選べませんので、飼い主さんが選んであげる必要があります。

いつまでも愛猫と長生きしたいのでしたら、フード選びにも目を向けてみて下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする