猫の腸内環境を改善させる為の3つの方法とは!? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫の腸内環境を改善させる為の3つの方法とは!?

よくテレビや雑誌などで「腸内環境」や「腸内フローラ」という言葉を耳にします。

腸には60~70%もの免疫力が備わっており、

腸は第二の心臓と呼ばれているほど健康と深い関わりがあります。

これは私たち人間だけでなく、猫も同じです。

ここでは、猫の腸内環境とそれを改善するためにどうすれば良いかを

紹介します。

猫の腸内環境って?

人間と同じように、猫の腸内には代表して「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」と、

3種類の腸内細菌が作用しています。

善玉菌は健康を維持するため、悪玉菌は身体へ悪影響を与え、

日和見菌は身体が弱ると腸内で悪い働きをします。

これらの3つの細菌がバランスよく作用していることが、腸内環境が良い状態といえます。

そのため悪玉菌が増えることで腸内環境は乱れ、

便秘や下痢などの症状が出たり、毛にツヤがなくなったりします。

先にお伝えしたように、腸には60~70%の免疫力が備わっているため、

悪玉菌が増えると免疫力の低下にもつながります。

また悪玉菌は加齢とともに増加する傾向にあり、

シニア猫は特に腸内環境を整える必要があるでしょう。

腸内環境を改善するためには?

キャットフードを変える

毎日食べるキャットフードは愛猫の健康と寿命に深く関わっています。

猫はイモや麦などの穀物類を消化するのがとても苦手な動物です。

悪玉菌はこの消化されなかった穀物を分解して、腐敗させ有害物質となります。

そのため、キャットフードは穀物不使用のグレインフリーのものを

与えると良いでしょう。

グレインフリーのキャットフードは穀物の代わりに、

肉や魚などのたんぱく質を多く使用しており猫本来の理想的な食事ができます。

他にも、悪玉菌は添加物を好物としているため添加物だらけのフードは、

悪玉菌が増える原因になります。

できるだけ無添加のフードを選ぶようにしましょう。

また、オリゴ糖や食物繊維は腸内環境を整える効果がありますので、

さつまいもやりんごなどが入っているフードもおすすめです。

腸内環境は食事次第で大きく変わります。

猫の身体の仕組みを知って、良質なフードを与えましょう。

⇒腸内環境改善一役かってくれる、獣医さんおススメキャットフード『モグニャン』

乳酸菌を摂ろう

乳酸菌は腸内細菌のバランスを整える働きがあります。

そして、腸内の善玉菌を増殖する手伝いもしてくれます。

乳酸菌が入った代表的な食品はヨーグルトです。

ヨーグルトは人間が食べる物ですが、犬や猫に与えても問題ないとされています。

ただし加糖タイプのものは肥満や虫歯の原因になるため、

無糖のプレーンヨーグルトが良いでしょう。

1回に与える量は大さじ1杯程度で、食事に混ぜたりしてみましょう。

しかしヨーグルトは酸味もあり食べてくれない猫もいるでしょう。

また、人間用の食べ物を猫に与えるのは少し不安という方もいると思います。

その場合は、乳酸菌入りのキャットフードや水やえさに混ぜる

猫用のサプリメントも販売されているので試してみてください。

乳酸菌は善玉菌を増やすだけでなく、便秘や下痢の改善にも効果があります。

猫の腸内の健康に役立つ乳酸菌は、積極的に摂りたいですね。

⇒腸内の腐敗物を絡めとる!!おススメ乳酸菌サプリはこちらから!

適度な運動をしよう

腸内環境を整えるためには食生活の改善だけでなく、適度な運動は不可欠です。

特に室内飼いの猫は運動する機会がほとんどありません。

シニア猫になると高い所にも上りたがらなくなります。

ねこじゃらしなどを使って軽い運動を心がけてみてください。

腸内細菌のバランスの変化はストレスも大きく影響します。

運動させることで飼い主さんとのコミュニケーションも取れ、

ストレスを発散することもできるでしょう。

まとめ

以上のとおり、腸内環境を整えることで免疫力は高まり、

さまざまな健康トラブルから愛猫を守ることができます。

毎日の食事や運動で、腸内環境を改善していくことが大切です。

いつまでも元気で長生きしてもらうために、飼い主である私たちが

日頃から健康をサポートしてあげたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする