キャットフード粗悪品と良質なものの違いって何!? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

キャットフード粗悪品と良質なものの違いって何!?

現在日本には数多くのキャットフードが販売されています。

飼い主さんは可愛い愛猫に「良いものを食べさせたい!」

と思うのは当然の事です。

ですがどれが粗悪でそれが良質なものか分から無い飼い主さんもいるかと思います。

しかしキャットフードは見るところをみれば、

・粗悪品

・良質なもの

の区別はきちんと知る事が出来ます。

その為にはその「みるところ」きちんと知る必要があります。

ここでは、キャットフードの「粗悪品と良質なもの」の違いについてお話ししていきます。

粗悪品と良質のものを見極めるには?

キャットフードの粗悪品と良質なものを見区分けるのに必要な「見るところ」とは・・・

原材料です。

当たり前ですが、原材料をみればそのフードに何が使われているか?という事が分かります。

どのような原材料が粗悪品の可能性が高いのか?

といった事をしっかりと把握しておきましょう!

原材料で見るべきところとは?

原材料に以下のような項目があれば、粗悪品の可能性が高いです。

・穀物

・○○ミール(○○にはミートや家畜が入ります)

・BHT、BHA

・合成着色料

・塩分量(ナトリウム)0.2%以上

・リンとカルシウムのバランスが悪い

(リン1に対してカルシウムは1.5倍まで)

このようなものが原材料に使用されている場合は、猫の健康を害する粗悪品の可能性が高まります。

穀物

猫は肉食動物として今まで存在してきたので、本来穀物を食べません。

しかし穀物を食べられない訳ではありません。ですが消化が苦手なんです。

穀物を大量に摂取すると、

・下痢

・嘔吐

・消化器系の異常

・穀物アレルギー

これらを起こしてしまう子がいます。

そういったリスクを避けるためにも、穀物フリーフード(グレインフリーフード)に切り替える飼い主さんが増えています。

○○ミール

○○の部分にはチキンやミートといった言葉が入ります。

これはいったい何か?といったお話しですが、実はゴミです。

骨の部分やくちばしの部分、食用として使えない部分を粉々にして混ぜたものなんです。

しかしもともと猫は狩りを行っているので、ネズミなどを丸ごと食べます。

なのでこういった肉以外の部分を食べる事に対しては問題はありません。

しかし、このゴミには腐りそうな、または腐った肉など含まれています。

そのため防腐剤が大量に使われていたりします。

・新鮮なお肉

・防腐剤が使われた肉以外のゴミを食べる

のとでは、全然栄養価が違いますし、当然健康を害する確率も全然違います。

BTB、BHA

これらは協力な酸化防止剤です。殺虫剤などにも使われています。

発がん性も確認されており、海外せは使用を禁止されている国もあります。

しかし日本のキャットフードにはいまだに使用されているものがあります。

合成着色料

合成着色料は赤102号や青2号などの表記で記載してあります。

こちらも発がん性や神経系の以上が確認されており、大変危険な添加物です。

海外では使用を禁止されている国もあります。

(ペット先進国のイギリスやアメリカなど)

しかし日本ではいまだに使用されています。

塩分量0.2%以上

猫が塩分を過剰に摂取すると、心臓や腎臓に負担がかかります。

特に猫は腎臓の病気にかかりやすいため、塩分過多の食事は控えるようにしましょう。

リン酸とカルシウムのバランス

リンとカルシウムのバランスはとても大事です。

このバランスが崩れると猫に多い「尿路結石」のリスクが高まります。

リンに対してカルシウムは1.5倍までが理想です。

逆にリンがカルシウムよりも多く含まれていると、結石のリスクがぐんと高まります。

結石の種類として、

・ストロバイト結石

・シュウ酸カルシウム結石

があります。

「ストロバイト結石」

⇒尿として排出されるはずだった、マグネシウムとカルシウムが結合して出来ます。

「シュウ酸カルシウム結石」

⇒便として排出されるはずだった、シュウ酸とカルシウムが結合して出来てしまいます。

このような結石ののリスクを避ける為にも、リンとカルシウムの値には注意しましょう。

以上が粗悪品と良質なものを見極めるための項目でした。

⇒これら粗悪な原材料が使われていない獣医さん推奨のフードはこちら