教えて!パウチしか食べない猫はどうしたらいい? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

教えて!パウチしか食べない猫はどうしたらいい?

家族の一員として猫を迎える方が増えていますが、

皆さんどんなご飯を選ばれていますか?

猫の餌も種類が豊富で、現在さまざまなものが販売されています。

しかし中には偏った食事しかしない、

美食家?猫ちゃんもいるみたいです。

今回はそんな美食家猫ちゃんについてのお話しです。

猫のご飯の種類は?

猫を飼っている方には、当然の知識となってしまいますが、

猫の餌にはウェットタイプとドライタイプの2種類がありますよね。

ウェットフードは缶やパウチに入って売られているものがほとんどです。

しかしいろいろなものを食べさせたいと、

今までドライフードを食べていた猫に、ウェットフードを試したところ、

その日からドライフードを食べてくれなくなる事もあるようです。

「パウチしか食べてくれなくなった・・・。」

とお困りの飼い主さんもいるのではないでしょうか?

カリカリの良さとは?

ドライフード、カリカリとも呼ばれていますが、

この食事はバランス良く作られています。

お肉、お魚、野菜が使われているのはもちろんですが、

毛玉対策が出来る物から、

猫に多い尿路結石を予防するフードも作られています。

中には排泄物の臭いを抑えるための消臭成分が入っている物もあるようです。

カリカリは硬いので歯磨き効果もあり、歯周病の予防にもなります。

パウチしか食べない猫はどうする?

ウェットとドライ、それぞれいい所があるご飯なので、

バランスを考えながら与えたい。

でもウェットが大好きでドライを食べない猫も多いようです。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

まずはドライフードをウェットフードに混ぜてみて下さい。

最初はウェットを多め、ドライを少なめから始めてみましょう。

美味しいにおいにつられて、ウェットフードと一緒に、

カリカリを食べてしまう場合があります。

もし食べられるようになったら、少しずつ分量を増やしていきましょう。

もしこの方法でも食べてくれない場合は、

混ぜる前にカリカリをぬるま湯に浸し柔らかくしてみましょう。

歳を取った猫は歯が悪くなり、

硬い物が噛みにくくなることがあります。

また離乳したばかりの子猫に始めてカリカリをあげる時も、

このように柔らかくしてからあげます。

もしこの方法で食べられるようになったら、少しずつ浸す時間を短くし、

硬い食べ物に慣らすことで食べられるようにしてあげます。

あと考えられるのは、猫は好みがはっきりしていますので、

ずっと同じご飯だと飽きてしまい食べない事もあります。

あなただって毎日がカレーだったら、

嫌になって食べなくなる日があると思います。

急に餌を食べなくなった時には、

たまには違う味のご飯にしてみるのもいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする