【危険!】猫の健康は餌で決まる!こんな原材料には要注意!! | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

【危険!】猫の健康は餌で決まる!こんな原材料には要注意!!

みなさんは普段どのような餌を猫に与えていますか?

・安くて量の多いもの?

・猫が喜ぶもの?

人ぞれぞれ餌選びのポイントは違うと思います。

ですが、キャットフードの原材料に目を向けた事はありますか?

原材料の中には知らないだけで、とんでもないものが使われている事があります。

しっかり原材料を見て餌を選んであげているあなたは、本当に愛猫の事を大切にしていますね☆

逆に今まであまり気にしていないあなたは、今日これから気にするようにすればOKです。

猫がいつまでも健康で長生きする為には、毎日の食事はとても大切です。

今回は、猫の餌に実際使われている、「避けたい原材料」についてのお話しです。

原材料には要注意!!愛猫に与えたくないもの3選!

では実際に使用されている、原材料で猫の与えたくないものを見ていきましょう。

穀物

穀物と聞くと、なんだか体に良いイメージがありますが、猫にとっては違います。

トウモロコシや、小麦、大麦、米類などの穀物は、猫の体は消化する事がとても苦手な作りになっています。

たくさん摂取してしまうと、嘔吐や消化不良の原因になります。

また、猫によっては穀物アレルギーを引き起こす可能性があります。

しかし、実際に使用されているキャットフードは売られています。

なぜ穀物がフードに使用されているのか?

では何故このような穀物がフードに使用されているのかというと、餌のかさましの為です。

高品質なお肉やお魚ベースでは、どうしてもコストがかかり販売価格も高くなります。

穀物でコストダウンを行い、餌を安価な価格で販売する為に行っています。

香料や着色料などの添加物

 

これら食品に含まれる添加物も猫にとっても当然毒です。

というか、猫にとって添加物なんていうものは、全く必要のないものなんです。

例えば着色料。

猫の目は色が識別できません。

それなのにおいしそうな色を餌に使うなんて事は全くの無意味なんですね。

でもこのような添加物が実際使用されているのは、私たち飼い主に向けてなんです。

まずそうな色をしているフードより、おいしそうな色をしているフードの方が、

「このキャットフードおいしそうでいいかも」

なんて思いますよね。

でも実際に猫にとっては、このような添加物は毒でしかないんです。

人間でも同じ事が言えますよね。

・毎日きちんとした栄養バランスの食事を摂る

・毎日コンビニやカップ麺などの添加物だらけの食事を摂る

どちらが健康で長生き出来るかは言わずとも明確です。

特に赤102号や黄色4号、5号には注意!

これらはがんやアレルギーを引き起こす原因になる事が分かっています。

またマウスを使った実験では、心臓や肝臓に異常が見られた実験結果が出います。

そういった身体に悪影響を及ぼす着色料は、その危険性からアメリカやヨーロッパでは使用が禁止されています!

しかし今だに使用しているのが日本の実態です。

悲しい事にいまだに日本のキャットフードにも使われているのです。

猫の健康を本気で考えるのであれば、絶対に与えるのは控えましょう。

ミートミールやチキンミールなどの○○ミール

特に要注意なのが、○○ミールとかかれた原材料です。

この○○ミールとは一体なんなのか?知らない方も多いかと思います。

それは、人間の食用として使えない部分、いわゆるゴミです。

例えばチキンミール。

チキン=鳥ですね。

これは鳥の食用として使えないゴミの部分の事を集めたものです。

実際そのその中には・・・

・骨

・くちばし

・内臓や脂肪、血液

・死んだ鳥

・病気の鳥

など、これらゴミとなる部分を混ぜ合わせたものの事を呼びます。

これも実際に日本で売られているキャットフードに現在も使用されています。

「別名4Dミートとも呼ばれる」

これらの○○ミールは別名4Dミートとも呼ばれています。

その由来ですが、

・dead(死骸)

・diseased(病気)

・dying(死にかけ)

・disabled(障害のある)

この4つのDから始まる単語が、名前の由来になっています。

これを見て頂くだけでも、どれだけ低品質なものか分かって頂けると思います。

ですがこちらも実際にキャットフードに使用されています。

○○ミールを使用する理由

最低品質な原材料ですが、使われる理由としては餌のコストダウンです。

ゴミの原材料を使用する事により、安価での販売を実現しています。

私が猫なら、絶対に食べたくない原材料です。

以上が猫に絶対に与えたくない、原材料でした。

これらは、病気のリスクを高めるだけで無く、愛猫の寿命を縮める事に直結します。

愛猫に1日でも長生きして欲しいという気持ちがあるなら、絶対に与えるのはやめましょう。

当サイトおすすめキャットフード3選!

今までお伝えしてきた

・穀物

・添加物

・〇〇ミール

を一切使用していないおすすめフードを紹介していきたいと思います。

また、以下のフードは全年齢対応のキャットフードになっています。

子猫用から成猫用など、餌を切り替える手間も省けますので、楽ちんです!

第1位モグニャン

モグニャンの特徴

メインの白身魚を63%使用して、高タンパクで栄養満点のキャットフード。

香料などの添加物は一切使用していないのにも関わらず、素材の香りで食いつきも良いと評判です。

リンゴやかぼちゃ、クランベリーなどを原材料に使用し、健康をサポートしてくれています。

食物繊維も豊富な為、便秘気味や下痢気味など猫の腸内サポートも万全です。

また粒の大きさが7mmに設計されており、子猫やシニア猫でも食べやすいのが特徴です。

⇒モグニャン公式サイトはこちらから

⇒モグニャンに関する口コミやその他詳細はこちらから!

2位カナガン

見出しタイトル

チキンベースの原材料で、良質なタンパク質を摂取出来るキャットフードです。

もちろん穀物や添加物は一切使用されておらず、厳選した原材料のみで生産されています。

マリーゴールドやクランベリーが猫の健康をサポートします。

カモミールも配合されており、リフレッシュ効果があるため、ストレスを抱えがちの猫にはおすすめのフードです。

⇒カナガン公式サイトはこちらから

⇒カナガンに関する口コミや詳細はこちらから

3位シンプリー

シンプリーの特徴

サーモンベースの原材料で、良質なタンパク質を豊富に含むフードです。

目標は20年生きる事。をコンセプト健康にこだわった原材料から作られています。

オリゴ糖やクランベリーなどが猫の健康をサポートします。

また、低カロリーなので、特にシニア猫にはおススメのキャットフードになります。

⇒シンプリー公式サイトはこちらから

⇒シンプリーがシニア猫におすすめな理由はこちらから

ここまで真剣にご覧頂きありがとうございました!

少しでも現在のキャットフード事情を知って頂けて光栄です(^^♪

猫はご飯を自分で選べませんので、与えられるものを食べるしかありません。

愛猫が健康的な食事を摂り、長生き出来るかどうかは飼い主であるあなた次第ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする