猫を初めて飼う方必見!猫に危険な餌の見抜き方教えます! | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫を初めて飼う方必見!猫に危険な餌の見抜き方教えます!

猫はとても可愛い動物です。

そのしぐさや愛らしい姿から猫を飼いたいと思う方も多いのではないでしょうか?

初めて猫を飼う方は、いろいろと分からない事あると思います。

その中の1つに「餌選び」があると思います。

現在はにもさまざまな種類があり、どれがいいの?なんて迷ってしまいます。

そこで今回は、猫の餌選びのポイントや、絶対に与えたくない餌について書いていこうと思います。

餌の種類について

猫の餌には大きく分けて2種類のタイプの餌があります。

ドライフードと呼ばれる固いフードと、ウエットフードと呼ばれる柔らかいフードです。

ドライフードは「カリカリ」とも呼ばれます。

ドライフード

↓ ↓ ↓

ウエットフード

↓ ↓ ↓

ドライフードはコロコロとした粒上のフードです。

ウエットフードは柔らかく、水分を多く含んだフードになります。

初めての猫の餌にはドライ?ウエット?

では、初めてフードを与える際には、ドライを選ぶべきか、ウエットを選ぶべきか。

多くの方はドライフードをメインに与えながら、おやつ感覚でウエットフードを与える事が多いです。

それぞれのフードの特徴として、

ドライフード ウエットフード

・長期保存がしやすい
・水分量が少ない
・歯が弱ったシニア猫などには与えにくい
・価格が比較的安い

・保存期間が短め
・水分量が多い
・歯が弱っても食べやすい
・価格が比較的高め

といった事が挙げられるでしょうか。

初めて猫を飼う飼い主さんは、猫の様子を見ながらドライとウエットを使い分けていくと良いでしょう。

例えばですが、良くありがちなのが水を全然飲まない猫です。

猫が水を飲まないと、泌尿器系の病気のリスクが高まります。

※膀胱炎や尿路結成など

そういったリスクを避けるために、水分の多く取れるウエットフードを多めに与えるなど、猫の様子をみながら工夫をしていくと良いでしょう。

メインとなる、ドライフードを選ぶ際の注意点

ドライフードにも沢山の種類のドライフードが現在販売されています。

価格の安いものからちょっとお高いフードまで様々です。

ですがここで1つ覚えておいて欲しいのが、

「安ければ安いほど、猫の健康を害する可能性のある原材料が使われている」

という事です。

安い餌には必ず安い理由があります。

例えば「穀物類」

猫は肉食動物の為、穀物類を消化するのが苦手な体の構造になっています。

穀物をたくさん摂取する事によって、消化不良や嘔吐、消化器系の障害を起こす恐れがあります。

にも関わらず、平気でキャットフードに使われている事があります。

他にも健康を害するような、添加物が使用されていたり、信じられないような粗悪な肉が使用されている事があります。

なぜこのようなものが使われるのかと言うと、コストダウンの為です。

餌を安価で売る為に、原材料をコストダウンしています。

これが「安い餌には安い理由がある」という事です。

人間で言えば、

・毎日お菓子やカップラーメン、コンビニ弁当を食べて生活する

・毎日栄養バランスの取れた食事を摂る

どちらが健康で長生き出来るかは一目瞭然ですよね?

なので、キャットフードを選ぶ際にはこういった原材料の表記に目を向けて選ぶ事が大切です。

下記のページにて、猫に絶対与えたくない原材料を記載しています。

是非参考にしてみて下さいね!