気になる猫の餌代、いくらぐらいかかるものなの? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

気になる猫の餌代、いくらぐらいかかるものなの?

猫がごはんを食べている姿、可愛いですよね。

逆に食欲がない様子を見ると病気ではないかと心配になります。

だから元気に食べてくれると安心しますね。

だけど気になるのは餌代。

一体どのくらいかかるものなのでしょうか??

猫の餌代、ドライフードはいくら?

ドライフードだけ食べる猫の方が平均して多いです。

統計的には成猫でひと月2500円~3000円前後が一般的。

1匹で大体この値段なので、多頭飼いの場合は単純に倍になります。

とはいえ安いもので3キロ900円という安価な餌もありますし、

健康状態が気になる猫にはそれぞれの健康状態に特化した餌、

1袋7000円以上という高い商品も出ています。

上記は特殊な例ですが、

一袋1000~1500円程度のものが一番流通しています。

⇒安価な餌は危険!?高くても健康を考えて作られた餌の方がいい理由とは!?

猫の餌代、ウエットフードと一緒に与えると?

ウエットフードだけを好む猫は意外に少ないようです。

だけどまったく食べないわけではなく、

ドライフードと一緒に摂っている猫は結構います。

ドライフードとウエットフードは

その場合の平均の餌代はひと月4000円前後くらいです。

ドライフードだけを与える場合より少し高くつきますね。

餌を2種類購入するのだから当然です。

こちらも成猫の場合です。

仔猫の餌代は?

 

仔猫用の餌はウエットフードでひと月大体2000円程度。

ドライフードでは大袋でひと月1000円程度です。

仔猫は体も小さいし食べる量も少ないので、

成猫に比べたら安上がりです。

まだ離乳していない仔猫は専用のミルク。

こちらは1缶1500円くらいが相場になります.

健康が気になるシニア猫は?

猫は7歳になるともうシニアの仲間入りです。

肥満や腎臓病などのリスクが気になってきたら、

シニア用の餌に替える時期です。

平均すると一袋4000円前後のものが多く出ています。

決して安くはないので、

獣医師と相談のうえで決めるのが良いと思います。

もし飼い猫の健康状態に不安がないようならば

一袋1500円くらいのものを選択してもいいと思います。

おやつはどうする?

おやつに関しては、まったく食べない猫もいますが、

喜ぶ猫のほうが多いですしコミュニケーションにもなりますので、

おやつを与えたい飼い主さんもいらっしゃると思います。

最近は700円くらいのおやつが人気ですが、

スーパーで売っている、かにかまや削り節など

100円くらいのものでも十分おやつになります!

まとめ買いをすると月平均2500円くらいです。

まとめ

値段の差はありますが、

どの商品も最低限の栄養基準には達しています!

ただ猫の体質によっては消化不良を起こしたり、

毛並みが悪くなったりツヤがなくなったり…

好みの味かどうかも関係してきます。

猫の餌代にかかる費用と言っても、

平均がこうだから必ずそうだ、とは一概には言えず、

猫の体調やライフステージ・飼い主の経済面など、

状況によって変動する、と捉えておいてほしいです。

キャットフードは愛猫の健康にダイレクトに影響します。

値段の心配もありますが、それよりも愛猫の体調の変化に柔軟に対応して、

いつまでも健康でいられるような、餌選びをしてあげて下さいね。

⇒獣医さんもおすすめ!
健康を第一に考えて作られたプレミアムキャットフード口コミ
はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする