猫にストレスを与える事なく、ドライフードを食べさせる方法とは!? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫にストレスを与える事なく、ドライフードを食べさせる方法とは!?

猫にあげる餌として定番なドライフード。

いつも食べてくれていたドライフードを、

急に食べなくなったことはありませんか?

猫がドライフードを食べなくなる理由は複数あり、

猫の気持ちを理解してあげることで猫にストレスを与えることなく

またドライフードを食べてもらえるようにできます。

こちらの記事では、なぜ猫がドライフードを食べなくなるのか、

そして食べなくなったドライフードをまた食べてもらうには

どうすればいいのか紹介、解説します。

猫がドライフードを食べなくなる理由

猫がドライフードを食べなくなる理由は、大きく分けて三通りあります。

猫にも好き嫌いや飽きがある

猫は人間と同じように好き嫌いや同じものに飽きることもあります。

好き嫌いが原因であった場合、そもそも全く食べなかったり、

少し食べた後、残してしまうことがあります。

また同じドライフードをあげ続けていた場合、

そのドライフードの味に飽きてしまいあまり食べなくなることもあります。

別のフードを求めている

普段あげているドライフードの他に、

猫缶などのウェットフードをたまに与えている場合、

普段あげているドライフードよりも気に入ってしまい、

普段食べているドライフードを避けてしまう時があります。

病気か何かで食欲がなくなっている

病気などの何かしらの原因で、食欲そのものが低下してしまい、

ドライフードを食べない以前に、水すら飲まなくなってしまうことがあります。

少しでも様子がおかしいと思ったら、

すぐに動物病院に連れて行って症状を診てもらってください。

猫にドライフードを食べてもらう方法

次に猫のドライフードを食べてもらう方法を紹介します。

違うドライフードを上げてみる

今まで食べていたドライフードを食べなくなった場合、

違うタイプのドライフードをあげてみると良いでしょう。

例えば煮干し入りのドライフードだったり、

お金に余裕があるのであれば、

少し高いドライフードをあげてみてもいいかもしれません。

⇒驚異の食いつき!獣医さんもおすすめする『モグニャン』詳細はこちら!

気に入ったドライフードとあまり食べたくないドライフードとの

食いつきの差は歴然ですので、一度あげてみて猫が気に入るようでしたら、

そのドライフードも普段の餌に追加すると良いでしょう。

今までのドライフードと新しいドライフードを、

混ぜて与えても、気に入って食べることが多いです。

ウェットフードと一緒にあげてみる

新しいドライフードをあげるだけではなく、

普段のドライフードと別のウェットフードを一緒にあげると言う方法もありです。

この方法は、猫の性格によって

ドライフードとウェットフードを交互に食べたり、

ドライフードを食べて終わってからウェットフードを食べるなど、

猫によっていろんな食べ方をすることがあります。

動物病院に相談してみる

別のドライフードをあげても

ウェットフードと混ぜても全然食べてくれない場合は、

病気の可能性もありますので、獣医さんに相談する事をおすすめします。

まとめ

猫は人間と同じく動物なので気持ちを知ってあげることが大切です。

飼っている猫は家族同然ですので、

猫の気持ちになってドライフード選びを考えるといいでしょう。