猫がドライフードに飽きたときの対処法は? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫がドライフードに飽きたときの対処法は?

猫も性格や嗜好はそれぞれ個性がありますね。

例えばドライフードを食べることでも、

一種類のものを長く食べ続ける子もいれば、

飽きっぽくて色んな種類を食べる子もいます。

もしくは、あるとき急に飽きてしまう場合も。

鳴いてエサを催促するのに少ししか食べなかったり、

お皿にエサが入っているのに食べずに要求したり…

対処に困ってしまいますね。

猫がこれまでのフードに飽きたとき、どうすればいいでしょうか。

まずは餌周りの衛生面から見直そう

いきなり新しいフードに替えても気に入らなくて食べない場合もありますが、

餌周りの衛生面などが原因で食べない場合もあります。

エサを入れるお皿が汚れていたり、

フードの袋がきちんと閉まっていなくて風味が落ちているなんていう場合も。

まずお皿は食べたあと必ず洗って、フードはしっかり密閉して保管しましょう。

フードをお皿に出したときの匂いで食欲が湧いてまた食べだすかもしれません。

愛猫の餌を少しだけ変えてみる

猫は気ままな生き物なので、

気分次第で食べたり食べなかったりする事もあります。

そんな時はドライフードの上にかつお節をかけてみてはどうでしょう。

かつお節の強烈な匂いにつられて一緒に食べるかもしれません。

ドライに飽きている場合も考えられるのでウエットフードと半々にしてみたり、

何かと変化をつけてみると猫も喜んでくれるかもしれません。

フードを替える時は少量ずつ色んなものを

大袋の商品より少し割高になってしまうのですが、

小分けパックになっているものや、

元から少量のフードを数種類そろえておいて、

飽きがくる前にローテーションを組んで、

毎日違う味を楽しめるようにしてみてはいかがでしょうか。

風味が落ちる前に使いきれるし、猫の好みもわかりやすいですよね。

大袋より少量のほうが、全く食べてくれなかったときのダメージは少ないです(笑)

大袋の場合、日にちが経つと酸化してしまって風味が落ちるだけで

見向きもしてくれなくなることもあります。

療養食では簡単に替えてはいけませんが、

いろいろ試してみて猫の食いつき具合を確認してみてください。

まとめ

いつものフードを食べなくて、飽きてしまったように見えた時、

猫はデリケートで細かいなー、なんて思いますが、

意外にも次の日にはケロッと忘れていつものフードをパクパク食べることがあります。

こういう気まぐれで図太いところが、

いかにもお猫様!という感じで可愛くて笑わせてくれるところですが、

あまり振り回されると、お金ももったいないですし、

飼い主さんも参ってしまいます。

なので餌を変更する時には一日だけ替えてみるなど、

様子を見ながら替えていってみてください。

1000名様限定なのでお早めに!!

↓  ↓  ↓

⇒驚異の食いつき!!キャットフード専門課が考案した『モグニャン』
100円モニターはこちらから!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする