猫の餌に使われる「ミートミール」の意味って何? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫の餌に使われる「ミートミール」の意味って何?

キャットフードに含まれている

「ミートミール」という原材料をご存知でしょうか?

傾向として比較的安価な餌に含まれている事が多いです。

これにはきちんとした理由があります。

(後ほど説明致します)

ここでは、キャットフードに含まれる、

ミートミールの正体や意味について書いていきたいと思います。

ミートミールの正体って何?

ミートミールとは、人間の食用肉として審査を通す事の出来ない、

低品質な肉の事を指します。

人間の食用としては使えないが、ペットの餌になら使えるので、

キャットフードやドックフードに混ぜて使用されている事が多いです。

低品質とは言えど、食べられるんでしょ?

と思ってしまうかもしれませんが、

どれくらい低品質なのか気になりますよね?

ミートミールは別名は「4Dミート」

ミートミールは別名で「4Dミート」とも呼ばれていたりします。

この気になる4Dとはいったい何なのか?

4Dの由来は・・・

・dead(死骸)

・diseased(病気)

・dying(死にかけ)

・disabled(障害のある)

これらが4Dミートと呼ばれる由来になっています。

これを見るとぞっとしませんか?

このような食用に出来ない低品質の肉がキャットフードには使用されています。

これが紛れもない事実なんです。

しかしなぜこのような低品質の肉が、

キャットフードに使用されるのでしょうか?

ミートミールがキャットフードに使用される理由は?

皆さんはキャットフード選びを何を基準に選んでいますか?

・原材料

・知名度

・猫との相性

・安全性

飼い主さんにとってキャットフードを選ぶポイントは様々だと思います。

もちろんすべて大事な項目ですが、やはりこれらの項目プラス

「価格」

を必ず気にすると思います。

人にもよるとは思いますが、出来れば、

「安くて、量の多いもの」

を選びたくなる傾向にあるのでは無いでしょうか??

これを実行する為に、生産側は廃棄するしかないゴミ同然の、

4Dミートを使用しています。

現に、すべての餌に限る事ではありませんが、

比較的安価な餌の原材料の表記には、

ミートミールやチキンミールなどの○○ミールと表記があるはずです。

1度今使用しているキャットフードの原材料の表記を確認してみて下さい。

安価な餌には穀物が使用されている事も多い

先ほどはミートミールのお話しをしてきましたが、

もう1つ低コストで餌を生産する為に使われているのが、

「穀物類」です。

穀物と聞くと体に良いイメージが浮かぶかもしれませんが、

実は、猫の体は穀物類の消化が苦手な作りになっています。

それゆえ、穀物を使用しているフードは消化不良を起こしやすく、

猫が餌を吐いてしまったり、

消化器系に異変や病気が起きるリスクが高まります。

この穀物類は餌のかさ増し目的で使用されおり、

低コストで生産する為に安価な餌には使用されている事が多いです。

高価な餌は安心なの?

安価な餌に比べて高価な餌は、

低コストで生産する事を目的としておらず、

猫の健康や体の事を第一に考えられて作られています。

すべての高価な餌が安全とは言い切れませんが、

これらは原材料を見る事で判断する事が出来ます。

先ほどお伝えした○○ミールや穀物類の表記が無いものから選ぶと良いでしょう。

これに加えて食品添加物不使用のものを選ぶと、

なお安全で安心と言えるでしょう。

愛猫と長く幸せに暮らす為にも、

是非1度キャットフードの見直しを行ってみて下さいね。

⇒獣医さんもおすすめする「○○ミール、穀物、添加物」不使用の
人気のキャットフード口コミはこちら