高齢猫の夜鳴きに怒ってはダメ!考えられる3つの原因とは!? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

高齢猫の夜鳴きに怒ってはダメ!考えられる3つの原因とは!?

猫が夜鳴きがひどく、近所迷惑にもなるし困っている!

といった悩みの絶えない飼い主さんも多くいると聞きます。

もちろん高齢猫に限らず、子猫や成猫の時も夜鳴きをする事があります。

ですが、子猫や成猫の鳴く理由と、高齢猫の鳴く理由はそれぞれ違うと言われています。

まず1つ言える事が、猫は意味も無く鳴きません!

必ず鳴く事には何か理由があります。

子猫や成猫の場合には、

・甘えたい

・気に入らない事がある

・欲求を叶えたい

・発情期

など、高齢猫に比べてあまり心配する要素が少ない事がほとんどです。

しかし高齢猫の夜鳴きには、注意しなければいけない理由も含まれています。

今回は高齢猫夜鳴きをする原因や、理由についてのお話しです。

高齢猫が夜鳴きをする3つの原因とは?

高齢猫の夜鳴きで一番困るのが、

「鳴き叫ぶ」

といった事ではないでしょうか?

猫ちゃんによっては普通に鳴き続けたり、雄たけびのように鳴く猫ちゃんもいます。

近所迷惑になったり、飼い主さんが寝れなかったりと苦労が絶えませんよね。

だからと言って、猫ちゃんを叱ったり怒ったりする事は絶対にしてはいけません!

愛猫も何もあなたを困らせたくて鳴いている訳ではありません。

必ず鳴くのには、理由があります。

では高齢猫が夜鳴きをする原因には、どのようなものが考えられるのでしょうか?

①精神的な理由

猫は非常にストレスに弱い生き物です。

猫は自分の体の老化が進む事により、その不安感から鳴く事があります。

人間である私たちは、

・目が見えなくなる

・耳が遠くなる

・体が思うように動かせない

・食欲が落ちる

といった老化が進むと、体にどのような変化が起こるといった事をきちんと理解しています。

調べればたくさん出てきますし、病院に行けばしっかりと説明してもらえます。

しかし猫はどうですか?

誰かが猫に目が見えなくなる事や、耳が聞こえなくなる事を理解していますか?

猫には説明ができませんよね・・・

そんな自分の体に起こってきた変化が不安にあり、夜鳴きを繰り返すと言われています。

②病気のサイン

高齢猫になると共に、だんだん体が衰え病気のリスクが高まってきます。

特に10歳を超えると発症しやすいのが、甲状腺機能亢進症です。

(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

甲状腺機能亢進症とは、甲状腺のホルモンの過剰分泌で起こる病気です。

過剰なホルモン分泌により、動きや食欲が活発になるといった事から、

「病気にかかっているのにも関わらず、今までよりも元気に見える」

といった事も起こります。

また、この病気は脳内物質の

・アドレナリン

・ノルアドレナリン

・ドーパミン

などの興奮状態に関係のある、神経伝達物質が過剰に分泌される事もあります。

これにより、猫が攻撃的になったりするといったケースも多くみられるようです。

甲状腺機能亢進症に限りませんが、病気が猫の夜鳴きの理由になっている事も十分考えられます。

急に夜鳴きをするようになった場合は、1度検診に行く事をおすすめします。

③認知症

猫も人間と同様、認知症にかかります。

認知症は、痴呆(ちほう)や、ボケるとも言われます。

認知症の疑いのある猫の行動の1つとして、「夜中に鳴き叫ぶ」といった行動があります。

しかし、夜鳴きには精神的なものからくる事や、病気が原因の可能性もあります。

なので夜鳴き1つで、認知症と断定する事は難しいです。

認知症の場合は、他にも認知症特有の行動やしぐさが見られます。

獣医さんに見てもらう場合にも、普段の行動やしぐさについて聞かれると思います。

普段の猫ちゃんの行動を良く観察し、以前までなかったしぐさや変化を見逃さないようにこころがけましょう。

以上が高齢猫が夜鳴きをする原因についてでした。

最後までお読み頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする