食事が噛めない!もしかして病気?高齢猫に多い食事のトラブル解消法 | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

食事が噛めない!もしかして病気?高齢猫に多い食事のトラブル解消法

高齢猫を飼っていると心配はつきものです。

とくに食事に関することは飼い主として大きな心配事でしょう。

・食欲があるのにフードを残してしまうことが増えた…

・食事の様子を見ているとフードを丸飲みしているみたい…

こういった行動が見られたら場合、

もしかして食事がうまく噛めていないかもしれません。

今回は高齢猫が食事を噛めなくなってくるお話しについてです。

噛めなくなった原因は?予防から治療まで

高齢猫が食事を噛めない原因については、次のようなことが考えられます。

自然な現象から病気まで様々な原因が考えられます。

【生理的原因…治療の必要のないもの】

・老化によるあごの力の衰え

・老化により歯が抜けた状態

これらは高齢猫なら、ある程度は仕方のないことかもしれません。

猫も老化が進む事により、体が衰えてくる事は当然の事です。

これらが原因であるならば、あまり心配をする必要はありません。

【病気的原因…治療の必要があるもの】

・歯肉炎(しにくえん)

・歯周病(ししゅうびょう)

こちらは口の中の病気になります。

病名は人間と同じで症状も同じです。

歯肉炎や歯周病になってしまうと、歯茎が腫れ炎症を起こしたり、口臭や膿(うみ)や出血などの症状が現れます。

このような症状が確認できる場合は、すぐにかかりつけの獣医さんに見てもらうようにしましょう。

また、歯槽膿漏(しそうのうろう)にまでなってしまうと、歯が抜け痛くて噛めないということもあります。

なのでそうなる前に、歯のケアをしておくことが理想です。

歯のケア方法

ケアをすることにより、このような病気になる事を予防する事が出来ます。

予防方法は・・・

・猫用の歯ブラシを使ってあげる

・ガーゼでふいてあげる

などを行うと良いですよ!

しかし猫ちゃんによっては嫌がる猫ちゃんもいるかと思います。

いろいろ試してみて、猫が嫌がらないお手入れしてあげるといいでしょう。

もし治療が必要な場合は、歯石の除去や歯周ポケットの洗浄が行われます。麻酔などのリスクや、その後の投薬もあるため、こうならないように事前にケアを行ってあげるようにしましょう。

フードを噛めない(噛みにくい)猫には・・・

まず基本的に普段の食事には、

・高齢猫用

・シニア用

など、シニア猫対応と表示されているものから選ぶようにしましょう。

それらには高齢猫に必要な栄養素や、食べやすさなどが考えられています。

それでも食べにくい場合は、飼い主さんがもっと食べやすくしてあげる必要があります。

ドライフードの一工夫

硬いドライフードは噛めない猫には、食べてもらう事が難しいかもしれません。

しかしドライフードも一工夫すれば、猫ちゃんに食べてもらえるようになるかもしれませんよ。

①できるだけ粒が小さいものを選ぶ

当然粒の大きいものより、粒の小さいものの方が食べやすいです。

まだ全く噛めない状態では無い場合で、尚且つ現在使用しているフードの粒が大きいと感じた場合は、今よりも小さいものに変えてみると良いかもしれません。

⇒大きさ7mm、獣医さんも推奨するシニア猫でも食べられるフードはこちら

②細かく砕く

粒の小さいものに変えるという方法もありますが、現在あるものを細かく砕くという方法もあります。

その際には、

・ミキサー

・ペンチやトンカチで砕く

などの方法があります。

③お湯や猫用のミルクでふやかしてあげる

硬いフードをお湯や猫用ミルクでふやかしてあげましょう。

そうすれば、フードが柔らかくなって、食べやすくなりますよ!

お湯でふやかす場合には、お湯が熱くなりすぎないように注意して下さいね!

ウェットフードの場合

現在のウエットフードには、

・ムース状

・ゼリー状

・ペースト状

などさまざまな種類のフードがあります。

こちらも猫ちゃんによって好みが分かれますので、いろいろ試してみると良いかもしれません。

また、年齢別に売られているフードもありますので、該当する年齢のものから選ぶようにしましょう!

流動食

全く噛む力がない、飲み込めない猫ちゃんには、猫用の流動食を与えるといいでしょう。

例えばフードを与えても、魚や肉の部分だけ残してスープだけ舐めている様子が見られたら、こちらを補助的に与えるのもいいかもしれません。

また流動食は舐めるだけで、必要な栄養素やカロリーが摂取できるフードです。

フードを自分から口にしなくなった場合

噛めなくなったり、自らフードを口にしなくなった場合でも、飼い主さんは最大限の努力をしましょう。

その場合、流動食などををシリンジを使い、猫ちゃんの口に直接運んであげます。

シリンジとは、針のない注射器の事です。

ペットショップや病院で販売されています。

 

高齢猫にとって「口から摂る栄養」点滴や輸液よりとても重要なものです。

食欲があるのに噛めない、といった場合はなおさら飼い主さんのケア必要になります。

以上がフードを噛めなくなった、高齢猫ちゃんへの出来る事でした。

参考にして頂けたらと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする