ウエットフードは高齢猫におすすめ?仕組みと与えるタイミングとは | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

ウエットフードは高齢猫におすすめ?仕組みと与えるタイミングとは

高齢猫用のウエットフードは、

水分量も多いため水を飲まない猫にはおすすめしやすいと言われています。

高齢猫の場合は、歯が弱く噛む力も弱いので、

主食として与えている場合もあるでしょう。

実はウエットフードは水分量がおおいため、

水分を除いた状態で栄養を考える必要があります。

総合栄養食と表示されていても、

栄養をとりすぎている可能性があるのです。

たくさんの栄養をあたえいては、

当然、猫の体にも負担がかかるため

ウエットフードを与える時は気をつけなければいけません。

今回は高齢猫のウエットフードについての

注意点をまとめてみました。

水分量に応じて3種類!高齢猫におすすめはドライフード

今回は、総合栄養食として

主食で与えている場合として考えていきます。

猫のキャットフードは水分の量で

・ドライフード(水分量10%以下)

・ウエットフード(水分量75%前後)

・セミモイストフード(水分量25~30%)

の3種類に分けられます。

ドライフードは固形になっていて、

栄養バランスもよく、

保存もきくため主食として与える場合が多いです。

水分を多めに与えないといけない点ではデメリットと言えます。

ウエットタイプは風味が良いため、新鮮なまま味わうことができます。

しかし開封後の水分は蒸発しやすくたべきれない猫にはおすすめしません。

パテタイプ・フレークタイプ・スープタイプなどと種類は豊富です。

セミモイストフードとは、

ドライフードとウエットタイプの中間で

粒が柔らかめにつくられているのが特徴です。

このタイプは犬用がおおいため

猫用はあまり販売されていないのがデメリットでしょう。

この中でも高齢猫の場合は、

主食として与えるのであればドライフードがおすすめです。

キャットフードの後ろに書いてある原材料見たことありますか?

パッケージの裏にはタンパク質○○%、脂質○○%など

原材料の分析値が記載されています。

これは保証分析値といって、

水分もふくめた1個当たりの栄養成分が表記されています。

注意したいのが水分にはまったく栄養がないため、

水分を除いた状態で計算しなければ

正しい栄養素が分からない点です。

今回はカルカン 味わいチキン味 11歳用を参考に計算をしてみました。

粗タンパク質 9.0% 

水分85%以下

表記のウエットフード場合

水分を除いたタンパク質の量を計算しようとすると、

タンパク質÷(100ー水分)=正確な数値

9.0%÷(100-85)=0.6です。

この数字を%表示になおすと60%になるわけです。

よってフード1個にたいして

正確なタンパク質の値は60%となります。

この計算方法を乾物量分析値とよびますが、

水分量を除くとタンパク質の値は

とても高いことが理解いただけると思います。

高齢猫にとって腎臓に負担がかかりやすい

高タンパクは避けるべきでおすすめはしません。

水分が入っているとはいえ

高齢猫の理想的なタンパク質摂取量は1日30%程度が目安です。

このことからウエットフードは

栄養の取りすぎに気をつけなければいけないのです。

タンパク質に限らず脂質なども当てはまるので、

計算方法を覚えておくと把握しやすいでしょう。

カルカンパウチ 11歳から 味わいチキン 70g【単品】

栄養成分強調表示

たんぱく質:9.0%以上、脂質:1.5%以上、粗繊維:0.5%以下、灰分:3.0%以下、水分:85.0%以下

 

高齢猫にウエットフードをおすすめする場合とは?

歳だからという理由でウエットフードのみを与えることはおすすめしません。

ドライフードを主食として使うようにし、

夏バテ気味・お留守番目をした時・ほめる時などに、

使い分けて与えるのが基本です。

ただし、腎臓などに病気を抱えているケースや、

歯がない時・食べる力がない時などは、

ウエットフードが適しているとも言われています。

しかしまずは獣医師に相談するのが適正です。

飼い主の判断で逆に具合が悪くなってしまったケースもあるため、

不安な飼い主さんは相談しましょう。

元気な時はなるべくドライフードをあたえるようにしましょう

まとめ

高齢猫の元気の秘訣は、

良く食べて、良く水を飲み、良くオシッコをすることです。

毎日、ご馳走を与えていれば体は壊れていきます。

猫の平均寿命は15歳ほどと言われていますが、

18歳、20歳と長生きしている猫ほど、ドライフードを主食としているケースが多いです。

ウエットフードからドライフードに

切り替えるのが大変と言う飼い主もいます。

もちろんウエットフードのメリットもありますが、

ただ、ドライフードを食べない、吐くからと言った理由で、

シニア7歳ころからウエットを与えている猫の寿命は短く、毛ツヤ感も違います。

長生きをして元気にいてほしいと思うなら、

歳だから。食べないから。といった理由ではなく

健康をかんがえて一度フードを見直すべきかもしれませんよ。