高齢猫にドライフードは向かない?食べない場合の対処法と注意点! | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

高齢猫にドライフードは向かない?食べない場合の対処法と注意点!

↓  ↓  ↓

⇒シニア猫にぴったりのドライフード詳細はこちら

※理由なども細かく記載しています。

現在はいろいろなキャットフードが販売されています。

中でもドライフードは、

・手軽に与えられる

・保存もきく

という事から、多くの飼い主さんが使用しています。

ドライフードは歯や歯茎の健康維持やあごの発達にもつながります。

その為、子猫や成猫にドライを選ぶ飼い主さんも多い事でしょう。

しかし高齢猫の場合は、老化による歯やあごの問題が多いため、

・固いフードは食べにくいのでは?

・高齢猫には向かないのでは?

という声もあります。

そこで今回は、本当に高齢猫ドライフードが向いていないのかを記事にしました。

高齢猫がドライフード急に食べなくなった!!

飼っている高齢猫が、

・今まで食べていたフードに見向きもしなくなった・・・

・においを嗅いですぐ違う場所へ行ってしまう・・・

・少し舐めるだけ・・・

ある日からこんな状態が続くようになる事もあるかと思います。

急にこのような状況になって病気!?

と思われるかもしれませんが、これらは高齢猫に限らず、猫にありがちな事ですので、あまり心配する事ではありません。

成猫や高齢猫の食べなくなる理由として、

「フード自体に飽きてしまった」

という事も十分に考えられます。

人間だって毎日毎日ラーメンばかり食べていたら、すぐに飽きが来て、

もうラーメンは食べたくない!!

と思いますよね?

猫も一緒で、飽きてしまったから食べたくない!と思う事があります。

そのような場合、餌を変える事も手段の1つです。

しかし、これまで食べていたフードのメーカーや原料などに、こだわりがある場合には、

・飼い猫に合わせてフードの形状を変える

・新鮮な食感やにおいを与えるための工夫をする

これらの工夫によって、再度フードをを食べてくれる場合が多いです。

高齢猫を飼っている方は是非1度実践してみて下さい。

フードを砕いてみる

高齢猫になると、あごの力の衰退してきてしまいます。

よって粒の大きなドライフードは食べにくくなってしまうといった事が起こります。

そのような場合は、食べやすいサイズにまで砕いてあげると良いでしょう。

砕き方にはいろいろありますが、

1番簡単なのはフードプロセッサーやフードチョッパー、ミルを使う事です。

お試しとして少量を砕くなら、

厚手のビニール袋に入れ、ペンチやトンカチで砕く、すり鉢で擦るといった方法もあります。

どちらも粒の大きさを加減し、少しずつ細かくしていくのがポイントです。

2等分~3等分にして出して、食べそうになかったらさらに細かくします。

この方法は、

・味や風味

・ドライフード感

を保ちながら食べさせる方法ですので、違和感なく食べてくれる猫が多いです。

餌をふやかしてみる

砕いても食べない場合は、お湯でふやかして、もっとドライフードを柔らかくします。

この方法はフードをお湯などに、5〜10分浸し柔らかくするだけなので、とても簡単ですよ!

以上2種類の対処法を紹介しました。

それぞれ猫の好みのサイズや食感に合わせて調整してくださいね!

ドライフード加工後の注意点とは!?

キャットフードを丁度いい状態に加工できても、それだけで安心してはいけません。

加工したフードは品質の劣化が早いので、次のことに注意しましょう。

加工は毎食ごとに行う

どうせ普通のサイズのドライフードを食べないのだから、

一気に加工してしまえ!

と思うかもしれませんが、加工したドライフードの作り置きはおすすめしません。

風味も落ちますし、劣化が早く衛生面でも心配です。

少しめんどうですが、加工したフードは当日中に使いきるようにしましょう!

食べ残したフードは早く片付ける

ふやかしたドライフードなど、長時間放置すると、当然衛生面的に良くありません。

そんなドライフードを目を離したすきに飼い猫が食べてしまったりすれば、病気などのトラブルの原因にもなりかねます。

食べ残したドライフードは、必ず片づけるようにして下さい!

まとめ

ドライフードは固いので、高齢猫には不向きな印象があります。

しかし形状や柔らかさを工夫し、食べやすくしてあげる事で喜んで食べてくれる場合があります。

しかしこの方法でも丸1日フードを食べない事があれば、原因がフードの形状や硬さではなく病気の可能性が出てきます。

その場合は速やかに獣医さんに見てもらうようにしましょう!

⇒シニア猫と相性抜群のキャットフードはこちら!

※理由も詳しく解説しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする