猫のコロコロうんちは便秘のサイン?飼い主がしてあげられる事とは? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫のコロコロうんちは便秘のサイン?飼い主がしてあげられる事とは?

猫のトイレのチェックは、飼い主さんが毎日できる健康診断です。

「うんち」1つでも猫の体調がわかる場合があります。

例えばトイレでの猫の様子が、このようになっていませんか?

下記に当てはまるものが無いか、まずはチェックしてみて下さい。

こんなうんちは便秘かも?正常なうんちと比べてみた!

便秘が疑われる場合はこのような状態です。

・うんちの回数が以前より減った

・うんちの形がコロコロしている

・1つ1つの粒が小さい

・うんちが固い

・トイレの時間が長い

とくにわかりやすい症状として、コロコロとした固いうんちをしていると、

便秘の可能性が高いといえます。

ちなみに健康なうんちは、このような状態です。

・回数は1日に1〜2回

・押してみると凹む固さ

・適度な水分を含んでいて、艶がある

・大きさ(長さ)は人の指ほど

・いきむとスムーズに出る

猫により若干違いはありますが、

このようなうんちが、健康的なうんちになります。

参考にしてみて下さい。

便秘の原因は何?解決方法はあるの?

原因は様々ですが主なものとして、こういった事が考えられます。

・少食

・水分不足

・フードが合わない

・ストレス

・運動不足

・毛玉うまく吐き出せない

・腸内環境の悪化

ほとんどが日常生活での積み重ねが原因となることが多く、

少しずつ便秘が進んでいくことが考えられます。

しかし生活習慣を変えるなどをして、

明日からでも飼い主さんがすぐに始められる解消方法がありますよ!

ドライフードをウェットフードに変える、猫用のスープを与える

便秘の原因の多くは水分不足です。

ドライフードから水分が多いウェットフードに変える、

猫用スープで水分を補給する方法もあります。

そしていつでも新鮮な水が飲めるよう、水飲み場を増やすなどの工夫をして、

愛猫が水分不足にならない環境を整えてあげましょう!!

猫専用の草を与える

草の食物繊維によって飲み込んでしまった毛玉を吐き出したり、

うんちとして排出する効果があります。

ペットショップで売られています。

さらにグルーミングによる、抜け毛の飲み込みすぎを防ぐため、

日頃のブラッシングも行いましょう。

お腹をマッサージしてあげる

人間も便秘の際には、お腹のマッサージを行うと、

便秘が解消する場合がありますよね??

実はこれは猫にも通用する事で、

お腹の辺りを「の」の字を書くように、

嫌がらない程度に優しくマッサージしてあげましょう。

人間と同じで、「の」の字の最後が肛門方向に来るように、

マッサージをしてあげて下さい。

ストレスを防ぐ

猫が落ち着ける環境を整え、ストレスの原因を取り除きましょう。

猫は些細な事でもストレスがたまります。

・トイレが汚い

・新入り猫の存在

・家を引っ越した

・知らない人が同じ空間にいる

・騒音

・高いところに登れない

何か思い当たる事はありませんか?

猫にはストレス解消法として、高いところに登って下を見下す。

という行為があります。

登れるところを用意したり、キャットタワーを用意してあげると、

猫のストレスが緩和されるかもしれません。

運動不足を防ぐ

家飼いの場合は特に運動不足になりがちですので、

キャットタワーを用意してあげたり、飼い主さんがおもちゃで遊んであげるなど、

日ごろから運動不足にならないように気をつけてみましょう。

また運動不足は肥満の原因にもなり、病気のリスクも高まります。

猫にとって運動はとても大切です。

トイレの位置が悪い

猫のトイレタイムはリラックスできるプライベート空間です。

人間が本や新聞を持って、トイレに引きこもるのと一緒で、

猫にとってもトイレは落ち着ける空間の1つです。

トイレが汚れていたり、人通りの多い場所に設置されていたり、

落ち着けない理由があると、便を我慢してしまったり、

ストレスがかかり、便秘の原因になってしまいます。

腸内環境の悪化

食べ物やストレス、その他原因で腸内環境が悪化してしまうと、

腸の動きが鈍くなり、便秘の原因になりやすいです。

また、腸内環境が悪くなってしまうと、

免疫力が下がり病気のリスクも高まります。

腸内環境が1度悪化すると、改善するのに時間がかかり、

その間に病気になってしまい、大きな医療費がかかってしまうかもしれません。

そこでおすすめなのが腸内環境を整えるサプリメントです。

腸内環境と猫の健康には切っても切れない関係があります。

気になる方は1度参考にしてみて下さい。

⇒猫の健康を考えるなら、腸内環境を整える事が1番って本当?

以上の事を試しながら、様子を見てみましょう。

うんちが出ているならまだ良いのですが、

丸2日以上、うんちがでない場合は便秘の重症化や病気の可能性がありますので、

すぐに病院へ行くようにして下さい!

まとめ

猫にとって便秘はよくある体のトラブルです。

しかし重症化してしまうと、医療費がかかってしまう事はもちろんですが、

愛猫の体にも大きな負担がかかるという事を忘れないで下さい。

猫は言葉を話せないので、愛猫の変化に気づいてあげられるのは、

飼い主であるあなたしかいないんです。

そのため日頃から、うんちの回数や形状をしっかりチェックしておき、

愛猫の些細な変化にも気づいてあげられるようにしておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする