子猫に必要な適正カロリーはどれぐらい? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

子猫に必要な適正カロリーはどれぐらい?

人間と同じように猫にも行動をするためにカロリーが必要となります。

ですが、いくら必要といても取りすぎてしまっては肥満の原因となります。

これは人間も同じですよね。

今回は猫に、それも子猫に必要な適正カロリーをご紹介します。

1日に必要な成猫のカロリーは?

子猫の前に成猫に必要なカロリーを調べてみました。

成猫に必要な適正カロリーは体重×80カロリー

但し、運動量の少ない場合は体重×70カロリー

公式での成猫の適正カロリーは「体重×80カロリー」となっています。

体重3kgの猫なら体重×80なので240カロリーとなります。

ですが、これはあくまでも目安です。

近年では室内飼いの猫も多く、運動が好きな子や嫌いな子など様々です。

ですから、完全に室内飼いで運動量の少ない猫でしたら、

公式の計算よりも少なめの「体重×70カロリー」で計算した方がいいでしょう。

体重3kgの猫なら体重×70なので210カロリーとなります。

子猫に必要な適正カロリー

では、反対に子猫はどうなのでしょうか?

実は子猫は成猫よりも多くのカロリーが必要となります。

子猫は生まれてから猛スピードで成長をしていきます。

生まれ落ちたときの体重は100~130gです。

そこから1ヶ月で400~500gまで成長します。

1ヶ月の間で生まれた時から4~5倍の大きさへと成長する計算になります。

早いですよね。

子猫はそんな急速に成長する身体に対応するために、

成猫よりも多くのカロリーを必要とします。

成猫の必要なカロリーが「体重×80カロリー」なのに対して、

子猫は「体重×200カロリー」と成猫よりも、

2倍以上のカロリーを必要とすることになります。

子猫の体重が200gの場合は体重×200なので400カロリー必要になります。

生後間もない子猫の場合

生後間もない子猫の場合はどうなのか?

実は生後間もない子猫はミルクのみで

「体重×200カロリー」を摂取しないといけないのです。

しかし、子猫は一気にミルクを飲むことができないため、数回に分けて摂取します。

ですが、母猫の母乳の出が悪かったりした場合は、

これだけのカロリーを摂取することは難しいです。

特に生まれたての子猫は日に日に体重が増加していきますので、

毎日同じ時間に体重を図り、

体重にあったカロリーを与えられるようにしっかりと計算しましょう。

子猫のカロリーから成猫のカロリーへの移行時期

子猫の成長が早いからといっていつまでも子猫のカロリーのままでは、

肥満猫まっしぐらになってしまいます。

なので、子猫のカロリーから成猫のカロリーへと移行する必要があります。

子猫は4週目から離乳食が始まります。

様子を見ながら離乳食から子猫用フードへと移行して、

生後6ヶ月が過ぎたころから体重が3kgになっていれば、

成猫と同じ「体重×80カロリー」へと変更していっても問題ありません。

子猫用のキャットフードはカロリーが高めですので、

餌の量は注意が必要になります。

カロリーが足りなさすぎるのも問題ですが、

反対に取りすぎても問題です。

カロリーを取りすぎてしまうと今度は肥満になってしまう恐れがあり、

それに伴う病気になってしまうかもしれないので注意が必要です。

餌の量をしっかりと管理してあげましょう。

猫のカロリー計算おすすめサイト

実は猫のカロリーはもっと細かく計算することができます。

・授乳期

・肥満気味

・やせ気味

・避妊済み

・猫の種類

・妊娠期

などなど細かく分けることができます。

カロリーを管理してといっても実は大変ですよね。

人間である自分のカロリーを計算するのでさえ大変なのですから。

そこでおすすめするのが

「ネコのカロリー計算‐獣医師広報板」
URL:http://www.vets.ne.jp/cal/pc/cat.html

こちらの「ネコのカロリー計算」は細かい項目を選ぶことができるので、

愛猫にあったカロリーを簡単に計算することができます。

もちろん、無料ですので、猫のカロリーが気になる方は是非ご活用してみてください。

まとめ

子猫の成長のために必要なカロリーは成猫よりも多く、

成長するスピードも早いのでカロリー管理は重要だと言えます。

子猫から成猫になって肥満で病気になってしまっては、

せっかくの愛猫がかわいそうです。

少し面倒だとは思いますが、愛猫の健康と楽しく過ごすために、

子猫のうちからカロリーを気にしてみてはいかがでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする