子猫も食べられるグレインフリーフードでおススメは何? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

子猫も食べられるグレインフリーフードでおススメは何?

歯が生えそろってきて、ミルクを卒業すると、

次はいよいよ子猫ちゃんが餌デビューをする時です。

子猫から育てるとなると、健康の事を考え餌にはこだわりたくなるものです。

事実、餌は猫の健康に大きく関わってきます。

人間だって、毎日カップ麺を食べている人と、

しっかりと栄養バランスを考えて作られた料理を食べている人では、

当然病気のリスクが全然違いよね?

もちろん猫にも同じ事が言えます。

ここでは、猫の健康を考えた餌選びと、

グレインフリーの大切さについてお話ししたいと思います。

グレインフリーとは何か?さらっと解説

このページを読んで下さっているという事は、

グレインフリーとは何か?といった知識はお持ちだと思います。

知っている方は読み飛ばして頂いても構いません。

知らない方の為にさらっと説明しますと、

グレインとは穀物の事です。

トウモロコシや小麦などを指します。

この穀物が一切使われていない餌をグレインフリーフードと言います。

このグレインフリーフードというのは、猫の健康を考えるうえでは、

外せない項目の1つになっています。

なぜ穀物を使用していないフードが良いかというと、

猫の体はこの穀物を消化するのがとても苦手です。

穀物を摂取する事により、胃の中に長時間穀物が残ってしまい、

その結果、嘔吐や消化器系の障害を招く恐れがあります。

穀物アレルギーを起こすリスクも高まります。

なので、猫の体に負担がかからないように、

健康を考えて作られているフードには、穀物が使用されている事が少ないです。

その分、他の餌に比べると値段が高いといった特徴があります。

グレインフリーはなぜ価格が高めなのか?

ではなぜグレインフリーフードは価格が高めなのでしょうか?

それは穀物を使用する目的が関係しています。

猫の体に穀物(グレイン)が負担になってしまう事は、

餌の生産に携わっている職業なら誰でも知っているはずです。

でもなぜ穀物を使用するのか?

それは、餌のかさ増しの為です。

要は、生産側は低コストで沢山の餌を販売したいからです。

低コストで生産した分、当然販売価格も比較的安値で販売する事が出来ます。

餌を購入するのは誰ですか?

猫では無く、私たち人間ですよね?

穀物は猫には負担!!健康に良くない!!

と知っている人はまだしも、特に餌に知識が無い飼い主さんは、

高い餌と安い餌、どっちを選ぶでしょうか?

当然安い餌を選びますよね?

なので、生産側は穀物を使用して低コストで餌をかさ増し、

低価格で販売しようとします。

これとは反対なのが、グレインフリーフードです。

穀物でかさ増ししていない分、どうしても価格は安価なものに比べて、

割高に感じてしまうかもしれません。

でも、本当に愛猫の健康を気遣うなら、

少し高くても、グレインフリーフードを与えた方がいいと思います。

病気なってしまうと、医療費がかかってしまう事もそうなんですが、

そんな事より、愛猫が病気で苦しんでいる姿を見るのがとても辛いです。

子猫でも食べられるグレインフリーフードは?

近年グレインフリーフードも種類が豊富で、

一体どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そんな中で、子猫からでも食べられるもので、おすすめのグレインフリーフードは、

「モグニャンキャットフード」です。

こちらは、愛猫家の中でも人気の高いフードとなっており、

獣医さんもおすすめするキャットフードです。

猫の健康を考えて作られている事はもちろんの事、

モグニャンは猫の食いつきがとても良いと評判です。

また、子猫は成長期な為、高い栄養価が必要です。

この為、普通なら子猫時は子猫用フードを与えて、

成猫になったら餌を切り替えるというのが一般的ですが、

餌を切り替えると、切り替えた途端に食べなくなったり、

子猫用の餌が余ってしまったという事もあると思います。

しかしモグニャンは全ステージ対応のキャットフードになっていますので、

成猫になっても餌を切り替える手間が要りません。

餌を量を調整すれば、成猫どころかシニア猫になっても、

食べる事が出来ますので、愛猫の成長に合わせて餌を切り替える手間や、

多頭飼いの場合でも、モグニャン1つですべて事足りてしまいます。

もちろん穀物を一切使用しないグレインフリーフードで、

香料などの添加物も使用されていませんので、

安心して愛猫に与える事が出来ますよ。

モグニャンの最安値情報もこちらにまとめましたので、

こちらのページも1度チェックしてみて下さいね!

⇒モグニャンの取扱店情報、最安値情報はこちらから