猫のカリカリに含まれる添加物は?猫に与えても大丈夫なの? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫のカリカリに含まれる添加物は?猫に与えても大丈夫なの?

私達が毎日口にしている食べ物には、

食品添加物が含まれている物がたくさんあります。

その種類は400種類以上と言われています。

人間の食べ物と同じように、猫の餌にも添加物が含まれています。

でもこの添加物って人間の体にも当然良くないように、

猫の体にも良くない事は当たり前です。

ここでは、キャットフードに含まれる添加物についてお話していきたいと思います。

カリカリに含まれる添加物の種類は?

猫達が安定した栄養を摂取できるように、

ビタミン、ミネラル、またアミノ酸などを含む栄養添加物、

品質を保つために必要とされている保存に必要な添加物、

そして食欲を増進させるための添加物など様々な物が使用されています。

これらの添加物は食品や飼料への使用が許可されたもので、

安全性を確認するテストがきちんと実施されており、

安全が証明されていると言われています。

ですがインターネットの情報の中には、

これらの添加物は猫によくない、むしろ害を与えるという情報もあります。

私も何年か前にこの情報を聞き、

添加物の何が猫に良くないのか調べたことがありました。

一般的に危険と言われている添加物をいくつかあげたいと思います。

まずはBHA、BHTと呼ばれる酸化防止剤です。

キャットフードは脂質が多く酸化しやすいため、

酸化防止剤が使われることがあります。

この二つの添加物は、人間用の食品にも多く使われています。

そしてBHAには発がん性が認められています。

次に挙げるのも同じく酸化防止剤で、エトキシキンと呼ばれるものです。

もともとは除草剤として使われていたそうです。

除草剤と聞くだけで、餌としてあげてはいけない添加物だと分かります。

ではこれらはなぜ餌に含まれているのか?

それは酸化防止や防腐効果が高く、

低価格でたくさんのキャットフードを作ることが出来るからです。

またキャットフードの原料となる肉には粗悪な肉が多く使われています。

※粗悪=出来が粗末で品質の低い

この粗悪な肉は脂質を多く含み、酸化熱を発生させやすいと言われています。

酸化防止剤を使う理由として、海外から船で運搬されてくる際に、

暑い環境の中自然発火する事を防ぐために使われているのも理由の1つです。

最後に合成着色料です。

これは餌を美味しそうに見せるためだけに使われている添加物です。

でも猫には美味しそうに見える!なんてことは関係ないですよね(^^;)

猫は餌の良しあしを臭覚で察知しています。

なので見た目なんていうのは、どうでもいいんです!

でもまったく必要のない物!!にも関わらず、使用されているのが現状な為、

健康被害のリスクは多く、

・赤血球の減少食欲低下

・体重減少

・成長の遅れ

・発がん性・・・など

挙げだしたらきりがないくらいの危険やリスクがあります。

じゃあ安全なキャットフードは?

ではどんな餌をあげればいいのか?

もちろん無添加の餌をあげるのが一番だと思います。

低コストで生産されている餌の中には、健康を害すようなものもありますが、

現在では猫の健康への意識も高まり、無添加の商品も広まりつつあります。

また、無添加だけじゃく、グレインフリーと書かれた、

「穀物不使用」の餌を選ぶと、さらに病気や体調不良などのリスクが回避できます。

⇒猫の体に穀物は危険!?グレイングリーの餌がいい理由とは?

まとめ

新しいキャットフードを試す時には、

必ずパッケージの後ろの原材料を確認するようにしましょう。

そして少しでも疑問に思うことがあったなら、

きちんと調べ、安全性に納得できたものを毎日あげたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする