猫のご飯「カリカリ」の選び方!注目すべきポイントとは? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫のご飯「カリカリ」の選び方!注目すべきポイントとは?

カリカリ=ドライフードの事を言います。

ウエットフードとは違い長期保存が可能な事や、価格が安価な事から、カリカリを飼い猫に与えている飼い主さんは多い事と思います。

しかしいざペットショップに行ってみると・・・

カリカリの種類が多すぎて、どれにしたらいいか分からん!!

なんて頭を悩ませてしまう飼い主さんも多いはず・・・

そこで今回は、のご飯「カリカリ選び方」について書いていこうと思います。

カリカリを選ぶ際に注目すべきポイントは?

みなさんはカリカリを購入する際には、何に注目して購入していますか?

・安くて量の沢山入っているもの?

・おいしそうに見えるもの?

・有名な知名度がある商品?

人それぞれカリカリを選び基準があると思いますが、猫の事を考えると1番注目してほしいポイントは成分や原材料になります!

なぜ、成分や原材料に注目してほしいかと言うと、当然可愛い愛猫と1日でも長く一緒にいる為です。

1度人間で考えてみて下さい。

・毎日添加物だらけのカップラーメンを食べて生活する

・毎日しっかりとした栄養バランスのとれた食事を食べて生活する

どちらが、病気になりにくいか、どちらの寿命が短いかなんてのは言わなくても分かると思います。

人間の食べ物同様、猫の食べ物の成分や原材料にも飼い主さんは気を使うべきです!

でないと、かわいい愛猫が病気になって苦しむ姿を見る事になりますし、死期を早める事になります。

やはり毎日の食事は、健康を維持する為には欠かせないポイントになってきます。

カリカリ選びの際に避けたいポイントとは?

ここではカリカリ選びの1番の重要ポイントとして「健康的な食事」をテーマにします。

なので、健康を害しても、安いものが良いという方は見るだけ無駄になります。

とにかく安いものがいい。と言う場合は、楽天なりアマゾンなりで価格比較を行えばいいだけの話です。

一番安いものを購入すればいいんです。

ですが私がみなさんに伝えたい事は、そんなことではありません。

猫の何が健康的な食事で、何が不健康な食事なのかを考えて欲しいんです。

では話を進めます。

健康に重点を置き、猫のカリカリを選ぶ際に避けたいポイントとは、

・穀物が多く使用されているもの

・○○ミール、○○副産物が使用されたもの

・添加物などが使われたもの

になります。

そしてこれらが使用されているフードの特徴として、冒頭にも挙げた、

・安くて量の沢山入っているもの

・おいしそうに見えるもの

に、もろ当てはまります。

今までこれらを基準にカリカリを選んでいた方は、1度フードに対する考えを見直してみる必要があります。

では順番に解説していきます。

安くて沢山入っているもの

安くて量の沢山入っているものの中には、必ずと言っていいほど

・穀物が多く使用されているもの

・○○ミール、○○副産物が使用されたもの

この表記が原材料に記載してある事が多いです。

 

また原材料表はその商品に含まれる割合が多い順に記載しなければいけないという決まりがあります。

※上の原材料表は、1番割合が多いものが穀物、2番が肉類(チキンミール)となります。

上の原材料表から分かるのが、このフードの主原料は穀物とチキンミールから出来ているという事です。

ですがこの主原料に問題ありなんです!

猫はもともと野生の頃に穀物を食べる習慣なんてものはありませんでした。

バリバリの肉食動物です。

それゆえ、猫は穀物をうまく消化する力を持っていません。

つまりこれは、猫の消化活動に相当な負担がかかる事を意味します。

穀物の与えすぎが原因で、嘔吐や消化不良を起こしたり、消化器系に異常が現れる事が考えられます。

ですが日本のキャットフードには平気で穀物が使われています。

イギリスなどのペット先進国では、キャットフードに対する意識が高く、使用されている事が少ないです。

では何故、使用されているのか?

それは低コストでフードをを生産する為です。

低コストでフードを生産すれば、低価格で販売する事が出来ますので、消費者の私たちが購入しやすい価格で販売する事が出来ます。

では2番目に書いてあった肉類(チキンミール)はどうでしょうか?

わざわざ「ミール」と付けているのにも理由があります。

だって鶏肉を使用しているなら表記は「チキン」でいいと思いませんか?

この○○ミール、○○副産物といったものは一体何なのか?

ちなみに○○の部分はチキンだけでなく、ミート、フィッシュなどが入る事もあります。

実はこの○○ミール、ほぼ肉の部分ではありません!

肉以外の部分の寄せ集めです。

その中身は・・・

・食用として使えない肉の部分(腐ったもの、病気のものなど)

・骨

・内臓

・くちばし

など、ゴミとして捨てられる部分をミックスしたものです。

これは嘘偽りの無い真実です!

嘘だと思うなら1度検索をかけてみて下さいね!

「ミートミールとは?」

なんて検索をかけると沢山出てくると思います。

○○ミールはもともとゴミとして捨てる部分の寄せ集めなので、原価もほぼかかりません。

これも低コストでフードを販売する為の、原材料なんですね。

これが、安くて内容量の沢山入っている餌の正体です。

今まで原材料を見もしなかった飼い主さんは、原材料を見るくせを付けると良いかもしれません。

おいしそうに見えるもの

おいしそうに見えるものの中には、着色料が使用されている事が多いです。

おいしそうな色をしたカリカリは、飼い主さんから見たら「おいしそう!」と思うかもしれませんね。

でも猫から見たらどうでしょうか?

「このカリカリおいしそう!」と思うのでしょうか?

実は猫の目は人間よりもはるかに劣っており、ほとんど色を識別する事が出来ません!

なので、おいしそうな見た目は全く猫にとっては関係の無い事です。

その代わり、猫の嗅覚は人の何十万倍も発達しています。

猫はカリカリをおいしそうと感じるのは「嗅覚」からです。

なので、カリカリに使われている着色料なんてのは全くの無意味です。

また着色料の中には発がん性が確認されているものもあり、大変危険です。

こちらはペット先進国のイギリスやアメリカでは使用を禁止されているほどです。

・・・いまだに日本のペットフード業界では使用されています。

この他にも人工香料や人工保存料などの添加物は不要です。

猫は嗅覚が優れているので、香料は良質な原材料さえ使っていれば自然の香りで十分です。

また、人工保存料の代わりとなるものもあります。(ビタミンE:トコフェロールなど)

これら添加物から可愛い愛猫を守る為にも、無添加と表記のあるものから選ぶと良いでしょう。

おすすめのカリカリは?

これらを踏まえて、おすすめするカリカリは「モグニャンキャットフード」です。

原材料を見て頂けば分かる通り、

穀物や○○ミールといった表記は一切無く、主原料は白身魚となっています。

その他、サツマイモやえんどう豆、バナナやリンゴを使用し、猫の健康をサポートしてくれる原材料が豊富に含まれています。

また、猫に多い病気の1つに「尿路結石」がありますが、クランベリーに含まれる成分「キナ酸」には尿路結成を予防してくれる働きがあります。

ただやはり、原材料が良いだけあって、安価なカリカリに比べると価格が高いです。

そこで何とか少しでも安く購入出来ないかと、最安値情報を調べたり、安く購入する手段を模索してきました。

こちらに、「モグニャンを少しでも安く購入する方法」をまとめましたので、良かったら参考にしてみて下さい。

⇒モグニャンの定価価格は?格安で購入する2つの方法とは?

最後にもう1度言います。

毎日の食事が健康状態や寿命に影響するのは、猫も人間も一緒です。

1日でも愛猫と長く一緒に暮らしたいのであれば、毎日の食事の見直しを1度考えてみて下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする