猫がカリカリを丸呑みしている!それって大丈夫なの? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫がカリカリを丸呑みしている!それって大丈夫なの?

現在日本は猫ブーム真っ只中なので、猫を飼い始める方も多いのではないでしょうか?

暮らしてみて気付くのですが、猫ってカリカリを食べるスピードが尋常ではない速さですよね。(笑)

食べているところをよく見てみると、カリカリを丸呑みしている猫がいます。

「これって大丈夫なのかな?」と、不安になる飼い主の方も多いと思います。

そんな不安に思われている方、安心して下さいね。

猫にとってはカリカリを丸呑み・早食いするのは普通の事なんです。

猫はカリカリを丸呑みして大丈夫なのか?

猫の食事の方法は実は基本「丸呑み」です。

人間と違って、「よく噛んでご飯を食べる」という食事スタイルではありません。

たまにカリカリっと音を立てて食べていますが、実はほとんど噛んでいないんです。

猫は何故丸呑みする食べ方なのか?

それはずばり、「肉食動物の本能」によるものです!

自分が捕らえた獲物を、他の動物に横取りされたくはありませんよね?

その事から、噛まずに早く食べる「丸呑みの食事スタイル」が身についたとされています。

人間と住むようになり、獲物(餌)を横取りされることが無くなっても、本能の部分が残ったままなんですね!

丸呑みしても大丈夫な猫の歯の仕組み

人間でいう前歯にあたるものを切歯。

その隣にある尖った歯を犬歯、奥歯にあたるものを臼歯といいます。

・切歯=かゆい所を噛んだりするときに使う歯です。

・犬歯=獲物の急所に突き刺したりする歯です。

ご飯を食べるときには、この切歯・犬歯は共に使用しません。

ご飯を食べるときに使用するのが臼歯=奥歯の部分です。

ご飯を飲み込むのに、丁度良い大きさに砕くという役割をもっています。

 
ですが、この臼歯で良く噛むなんで事は無く、あくまで雑に砕いているだけです。

丸呑みされている餌の粒もあるかと思われます。

餌の粒が大きいと、のどにつまらせてしまう事も!?

もちろん餌を丸呑みしてしまう訳ですから、カリカリの粒が大きいと、のどにつまらせてしまう事も考えられます。

特に口が小さい子猫の時に大きな粒のカリカリを与えていると、その危険性が高まります。

その場合飼い主さんが、しっかりと食べやすくしてあげる事が大切です。

丸呑みしているけど消化はちゃんとできているの?

丸呑みする猫のご飯の食べ方は、消化は大丈夫なの?と、やっぱり不安になりますよね。

よく噛んで食べる食事方法の人間からしてみたら、なおさらです。

実は猫の胃や腸は、細かくなっていない食べ物をそのまま飲み込んでも消化吸収がしっかり行われる作りになっています。 しかし内臓が弱い子は嘔吐などの原因になってしまう事もあります。

内臓の弱い子(嘔吐などを繰り返してしまう)などには、今よりも小さい粒のドライフードを試してみると良いかもしれません。

⇒大きさ7mm、獣医師もおすすめする「モグニャン」キャットフード口コミはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以上が、猫がカリカリを丸呑みする理由や歯の仕組みでした。

人間とは歯の仕組みや役割が全然違います。

ご飯をとる暇もないくらい仕事が忙しい人からしたら、早食い・丸呑みしても体調に影響出ない猫の歯と内臓の構造は少々羨ましいですね・・・(^^;)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする