猫の健康を保つならグレインフリー&無添加フードがおススメ! | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫の健康を保つならグレインフリー&無添加フードがおススメ!

グレインフリーと呼ばれる種類のキャットフードは

聞いたことありますか?

グレインフリーのグレインとは、日本語で穀物という意味ですが、

グレインフリーは穀物(グレイン)が

一切入っていないキャットフードのことを言います。

猫は肉食動物なので、肉や魚の消化は得意ですが、

穀物などの肉類でないものはあまり消化が得意ではありません。

よって消化されず胃に長時間残ってしまう事により、

下痢や嘔吐、消化器系の病気の原因となってしまいます。

なので消化が不得意な穀物類が入っていないグレインフリーのキャットフードだと、

このような病気のリスクの確率をグンっと下げる事が出来ますし、

栄養の吸収率も非常に良いので健康面でも大いに役立ってくれます。

また人間の食べものにも良く使われている添加物。

もちろん猫のキャットフードにも使用されている事があります。

人間と同じく、餌に含まれる添加物は猫の体に負担になってしまうほか、

さまざまな病気の原因にもなりまねません。

人間だって毎日毎日コンビニ弁当やお菓子、カップラーメンだけで生活していては、

ずっと健康でいられるわけがありませんよね?

猫にとっても健康を守るうえでは、添加物は避けたいものです。

最近は猫の健康を気遣った、

「無添加」の餌も多くなってきました。

愛猫の健康を本気で考えるなら、そういった表記のある餌を選ぶと良いでしょう。

添加物が入ったの餌の病気のリスク

人工添加物の中には

消化や吸収をの阻害や、発がん性、遺伝毒性アレルギーなどを

誘発してしまうものが含まれている事があります。

これらのリスクを避ける為にも、

添加物を極力愛猫に与えない事が大切です。

また、グレインフリーのキャットフードの中にも無添加なものがあるので、

積極的にこのような餌を選ぶのが良いでしょう!

消化不良による不調や、添加物による病気の不安がすべて払拭出来ます。

グレインフリー+無添加の餌は最強です。

グレインフリーはダイエットにも効果的

 

グレインフリーのキャットフードは、

本来は猫の主食である動物性たんぱく質が多く含まれているため、

満腹感を感じやすくなっています。

そのため、猫をダイエットさせたいのであれば、

餌をグレインフリーのものに変えることで、ダイエットを促進することができます。

注意!原材料に米が入っているか注意しておく

 

グレインフリーは基本的に穀物類が入っていないことを表していますが、

グレインフリーの解釈があいまいであり、

「小麦・大豆・とうもろこし」を含んでいないものを

グレインフリーとして販売しているメーカーもあります。

この場合、米類が入っている可能性があるため

グレインフリーのキャットフードを買う場合は、

原材料に米が含まれていないか必ず確認しておきましょう!!

おすすめはモグニャンキャットフード

数多くある餌の中から何を選べばいいか分からない。

餌を変えたいけど、何にしようか迷っている。

そういった方はとりあえず「モグニャン」を始めてみてはいかがでしょうか?

このフードはグレインフリーなのはもちろんな事。

着色料や香料の添加物も一切しようしていない、

獣医さんもおすすめするキャットフードです。

原材料の63%が白身魚で香料を加えなくても、

猫達の食欲をそそる臭いがしますので、食いつきもいいと評判のフードです。

もちろん米も使用していませんので、完全なグレインフリーフードと言えるでしょう。

ただやはり量産型のフードに比べると、値段は高いです。

低コストで生産されるフードは、品質の低いお肉が使用されていたり、

フードのかさ増しの目的て穀物が使用されています。

猫達にとっては迷惑な話ですよね・・・。

でも猫の健康の事や、病気になった時の医療費の事を考えると、

もしかしたら安いのかもしれません。

一応定期購入や、まとめ買いなどでお得に購入出来るシステムもありますので、

1度公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか??

価格や、原材料、栄養素などの詳細もこちらに書かれています。

⇒『モグニャン』の公式サイトで詳細を見てみる。