猫の餌、何がいい?餌の選び方を教えて! | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫の餌、何がいい?餌の選び方を教えて!

猫を飼い始めて最初に悩むことの一つとして、

「餌を何にしようか?」といった事だと思います。

パウチに入ったウェットフード?

それとも栄養豊富なドライフード?

保護された猫を飼い始める場合はドライフードからスタートするかと思いますが、

子猫から飼う場合は、まだ歯も生えそろっていない子がほとんどですので

ウェットフードからあげるとよいでしょう。

子猫、成猫の餌の選び方について書いていきますので、

参考にして下さいね。

子猫用の餌の選び方

猫の乳歯は生後3週間頃から生え始め、2ヶ月頃にはほぼ生えそろいます。

初めはウエットフードから始めますが、

歯が全てそろえばドライフードに切り替えることが出来ます。

しかしその場合は、いきなりドライフードに切り替えるのでは無く、

様子を見ながらウェットフードに少しずつ混ぜるようにしましょう。

慣れてきたら、ドライフードの量を増やしていくようにして下さい。

突然ドライフードのみあげてしまうと消化不良を起こしてしまうので、

絶対にやめましょう。

また子猫のうちは栄養価が高い餌を選びます。

もともと猫は肉食です。

肉や魚がメインの動物性たんぱく質が豊富に使われている餌をあげるようにします。

穀物が含まれている餌は消化不良を起こす可能性がありますので、

なるべく避けましょう。

大きくなったら何をあげればいい?

たくさんある餌の中から選ぶのは大変です。

ホームセンターに行くと本当に悩みます。

我が家には現在3匹の猫がいて、全員ドライフードが大好きです。

ですが以前飼っていた猫の中には、ウェットフードしか食べない子。

反対にウェットフードをあげると吐いてしまう子など、

その子によって好みも体質も違います。

自分の猫が一番喜んで食べる餌を選んであげましょう。

ではその中でもどんな餌を選べばいいのか。

ウェットでもドライでも共通して選んで欲しいのは「総合栄養食」です。

なぜ総合栄養食がいいの?

 

総合栄養食がいいのは必要な栄養素が全て入っているところです。

この餌と水があれば十分です。

総合栄養食と言っても様々な種類があり、ここでもまた選ぶのに悩んでしまいます。

我が家は3匹いるので、食べる量も多く、

経済的にもなるべく負担が少ない方が助かります。

よく分からない添加物などが含まれている物は避けたいと思い色々試した結果、

「カナガン」に辿り着きました。

カナガンは今までの餌よりも肉の配合比率が高く、

動物性たんぱく質や野菜、ハーブなどの素材をブレンドしているため、

バランスよく栄養素を摂ることが出来ます。

なによりグレインフリー(穀物不使用)にこだわっているところが気に入り、

一度試してからずっとこの餌をあげています。

また他の総合栄養食に比べ、お値段が手頃なのも惹かれた理由の一つです。

もしどれにしようか悩んでいる方がいらっしゃいましたら、

一度試してみてはいかがでしょうか?

⇒カナガンが20%OFFで買える!?公式サイトはこちらから!!

まとめ

「餌を選ぶ」と言っても、種類の多さや成分の違いなどで

結局どうしていいのか分からない方も多いと思います。

インターネットで調べてみるのもいいですし、

知り合いで猫を飼っている方がいれば意見を聞くのもいいでしょう。

でも本当に迷ったら獣医さんに聞くのもいいと思います。

やはりプロなので的確なアドバイスがもらえると思いますよ。

元気で長生きできるように、その子にぴったりな餌を選んでいきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする