猫がドライフードを丸呑みしてしまうのって大丈夫? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫がドライフードを丸呑みしてしまうのって大丈夫?

猫にドライフードを与えるとき、

“もう食べたの?”

というくらいあっという間に食べ終わっているなんて事があると思います。

ほぼ噛まずにカリカリのドライフード丸呑みしているのを見ると、

飼い主さんは心配になってしまうと思います。 

なぜ猫達はカリカリのドライフードを噛まずに飲んでしまうのか、

それに伴い、リスクなどはあるのか等をご紹介していきたいと思います。

ドライフードをを丸呑みしてしまう理由

ドライフードを丸呑みするたびに心配になる・・・

どうしてうちの子だけこんな食べ方をするのから・・・

なんて不安になっている飼い主さんは多くいるかと思います。

ですが安心して下さいね!

そもそも猫達は食べ物をあまり噛みません!!

↑こんなにしっかり味わって、よく噛んで食べていないんです!

これは野生の時の名残があるからと言われています。

野生で生活する際に周囲の動物から自分の食べ物を取られない様、ガツガツ食べていたからなんです。

その分消化器官がしっかり働く様になっていますし、ドライフード自体も小さめに作られているので、あまり心配はないのです。

しかし、噛まずに飲んでしまうというのは、早食いの原因にもなります。

早食いは猫達にとってもあまり良いものではありません。

早食いによって起きる問題として挙げられるのが、嘔吐です。

早食いをしてしまうと胃が消化に追いつかず、食べた後に吐き出してしまうという事があります。

それを見るのは飼い主さんとしても辛いと思います。

カリカリを噛まずに飲み込む事に関しての対策は難しいですが、早食いや一気食いを防ぐ方法はあります!

量を分けて与える

どうしても早食いや一気食いしてしまう猫達には、

量を少しずつに分けて与えてあげると良いでしょう。

一気に食べても大丈夫な量を一回の食事で与えて上げます。

そうすると、胃に負担がかからず、嘔吐をせずに済みます。

早食い防止ボウルを使う

Amazonなどで“早食い防止食器 猫”などで検索してみると、

たくさんの早食いを防止する為に作られた食器が出てきます。

一気に食べられない構造になっていたり、

手を入れて中から取り出す形になっていたりと様々な形のものがあります。

手を入れて取らなければいけないタイプは少し時間もかかりすぎてしまう為、

お腹を空かした猫ちゃんには少し可哀想かもしれません。

手を入れたり、ハントしたりしてエサを取るタイプの食器やおもちゃは、

おやつなどにお勧めです。

丸呑みする子は粒の大きさに注意する!

現在はさまざまなドライフードが売られており、どれにしようか迷ってしまう飼い主さんも多いと思います。

そんな中、早食い癖がある子や、子猫に与える場合は粒の小さいものから選ぶと良いでしょう。

ただし、粒が小さいだけではいけません!

毎日与えるものですから、当然健康にも気を使い良質なものから選ぶと良いでしょう!

人間だって

・毎日カップラーメンを食べる

・栄養バランスが整った食事を毎日食べる

だと、どちらが健康で長生きするか?なんて一目瞭然ですよね?

どうして私たち人間が食べる食べ物には気を使い、家族同然の愛猫のフードには気を使わないのでしょうか?

キャットフードにも、当然健康的なもの、そうでないものが存在します。

1度猫ちゃんへのフードの意識を変えてみて下さい。

飼い主であるあなたが意識を変えるだけで、愛猫の寿命に直結してきます!!

関連記事:
⇒【危険!】猫の健康は餌で決まる!こんな原材料には要注意!
※上記ページで紹介している「モグニャン」が粒も小さくておすすめです。

まとめ

カリカリのドライフードを噛まずに飲み込んでしまうという事に関しては、

猫の本能や習性が関係している為、

あまり深刻に考えなくても良いでしょう。

しかし、その丸呑みによって起こる早食いは食べ物を詰まらせたり、

食後に吐き出してしまったりとデメリットがあるので、

飼い主さんが餌の与え方を工夫して解決してあげる必要があります。

カリカリのドライフードを選ぶ際に、

大きさに注意して選んであげたり、

早食いにならないように特別な食器でエサを与えてあげたりと、

猫達が健康的に食事を取れるよう工夫してあげる事がとても大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする