猫のドライフードとウエットフードは混ぜる際の注意点とは!? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫のドライフードとウエットフードは混ぜる際の注意点とは!?

近年、ドライフードを愛用している飼い主さんが増えています。

しかし、愛猫がご飯やドライフードを食べなくなってきたりして、

「どうしよう・・・」って悩むときありますよね?

または、子猫が離乳食を終えドライフードに変えたとたんに食べなくなって、

「困った・・・。」ってことも。

そんな時にウェットフードを使うのも一つの手かもしれません。

ですがただ与えるだけでは猫の為にもなりません。

ここでは、ドライフードとウエットフードの特徴や、それぞれの餌を混ぜる際の注意点について簡単にご紹介します。

ドライフードのメリットとデメリットとは?

ドライフードとはよくカリカリフードとか呼ばれているものです。

ドライフードのメリットとして考えられるのは、

・適度な硬さがあるので歯石ができにくい
・費用が抑えられる
・水分が少ないので保存がきく

などが考えられます。

反対にデメリットで挙げられるのが、

・硬さがあるので歯が悪いと食べられない
・水分が少ないので別で水分補給が必要になる
・粒の大きいと、子猫やシニア猫は食べにくい

などが考えられるでしょうか?

ドライフードは水分量が少なく、保存がきくというメリットがあります。

ですがその反面、猫が水分を摂れないというデメリットもあります。

また、水を普段から良く飲む猫の場合は良いですが、水をあまり飲まない猫の場合は注意が必要です。

水分をあまりとらないと、猫に多い泌尿器系の病気や腎臓病のリスクが高まります。

ウェットフードのメリットとデメリット

ウェットフードは缶詰やパウチに入って売られているフードのことをいいます。

素材の形状や容器によってさまざまな種類があり、かなり多くの水分が含まれています。

ウェットフードのメリットとして挙げられるのが、

・食べるだけで水分が取れる
・柔らかいので歯が悪くても食べられる
・嗜好性(しこうせい)が高い

などです。

では反対にデメリットとしては、

・歯石が付きやすい
・費用が高い

などでしょうか。

長期保存がききにくく、価格も割と高いので、毎日の餌として使うは苦しいものがあります。

ドライフードとウェットフードをうまく使おう!

今までそれぞれのフードのメリット、デメリットを挙げてきました。

大きな特徴としてはやはり「餌に含まれる水分量」です。

水をあまり飲まない猫の場合は、ドライフードだけでは水分補給が難しいです。

餌のローテーションでウエットフードを週に1~2回ほど組み入れてみるのも効果的です。

例えば、月曜と木曜はドライフードの日!

なんて決めてあげると良いかもしれませんね(^^♪

また水を良く飲む子でも、ドライフードばかりだと飽きてしまい食欲がなくなる場合もあります。

そのような時にウェットフード与えてみるといいですね!

ウェットフードは猫の嗜好性(しこうせい)を高めることができるので、食欲不振の猫でも喜んで食いついてくれる事が多いです。

嗜好性とは猫がフードに対して、形や匂いからおいしそうと感じ、自発的に好んで食べたいと思いの事を言います。

基本はドライフードを与え、ウェットフードは食いつきが悪くなったときや、ご褒美としてなど、週1~2回利用するのがおススメです。

ドライフードとウェットフードは混ぜてもいいの?

基本はドライフードで、といってもそのドライフードを食べてくれない事があります。

与えているドライフードに飽きてしまったり、好みではない場合などが考えられます。

そんな時はドライフードにウェットフードを混ぜて使えばOKです!

猫の食欲が上がり同時に水分補給も出来ておすすめですよ!

また、一概にウエットフードと言っても、ウエットフードにも種類があります。

種類に関しては以下の通りです。

種類 商品例
(画像クリック出来ます)
特徴
フレークタイプ

ドライフードにトッピングして、水分やタンパク質の補給をすることができます。おやつにもいいですよ。

パテタイプ ペーストやムース状で、ドライフードに混ぜると絡みやすくなっているのが特徴です。ドライフードを食べなくなったときにおススメです。
スープタイプ トッピングにしたり、水の代わりにドライフードをふやかしたりすることで水分補給をします。食欲がないときにおススメです。

食欲減少時にドライフードとウェットフードを混ぜることで、肉や魚の香や味に刺激されて食いつきがよくなることがあります。

また、高齢の猫の食事困難なときも、風味の良いウェットフードを混ぜてあげることで、ドライフードをふやかして食べやすくしてあげる役割もあり、食欲も高めることができます。

またふやかす事によって、離乳食として子猫にあたえる事も可能になります。

選び方のポイントとして、ドライフードに混ぜて与えたい場合は、ドライフードとも絡みやすい、パテタイプのペースト状のものがおススメです。

軽いトッピングで使うのなら内容量の少ないものを選ぶと良いでしょう。

ウェットフードは一度封を切ってしまうと、痛みやすいのが特徴です。

保存が長くきかないため使いきりやすい少量のものを選ぶと良いでしょう(^^♪

注意したい事

ウェットフードばかりを与えすぎてしまうと、習慣化してドライフードを食べなく事があります。

与える回数や量は過剰にならないように注意しましょう!!

まとめ

ドライフードだけ与えていれば飽きて食べなくなってしまうかもしれません。

ウェットフードを毎日与えていては、今度はドライフードを食べなくなってしまうかもしれません。

バランス良く使用する事で、飽きさせず程よい水分補給が可能になります。

水分不足は腎臓病や泌尿器系の病気のリスクが高まってしまいます。

水をあまり飲まない猫には、ウエットフードも積極的に与えてみて下さいね(^^♪

合わせてこちらもご覧下さい↓