愛猫がキャットフードを食べない!?でも慌てないで! | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

愛猫がキャットフードを食べない!?でも慌てないで!

猫は美味しいものが大好き。

ご飯の時間が待ち遠しく、朝は耳元で「ニャーニャー」ささやかれ、

夕方はまだご飯の1時間も前なのに、しつこい位に足元にすり寄ってきます。

休みの日の朝は寝坊出来ません。

いつもの時間に起きないと、いつもより激しいご飯の催促が始まります・・・。

顔を手でカリカリしてきたり、お腹の上に座って上から見つめてきたり。

「早くご飯をちょうだい」

と言わんばかりの顔でこっちを見てくるので、

起きないわけにはいきません。

でもそんな猫が突然ご飯を食べなくなったら心配ですよね。

長年猫を飼っていれば、

食べない理由もなんとなく分かってきますが、

まだ猫を飼い始めたばかりの方は「病気なのでは?」と慌ててしまうかもしれません。

猫はとっても気ままな生き物です。

もちろん病気の場合もあるので、しっかり様子を見る必要はありますが、

「こんな理由で食べないの!?」

と驚いてしまう理由もあるんです。

キャットフードを食べない理由は?

まずはただ単に飽きたから。

人間と一緒で、同じ食べ物を毎日食べ続けると飽きてしまい食べなくなることも。

そんな時はいつもと違う味にしてみたり、

ドライフードをあげている場合はウェットフードに変えてみるといいでしょう。

ただ猫は美味しい物を食べると、どんどん舌が肥えてしまいます。

我が家の猫も、以前、私の母から鶏のささみを茹でた物をもらってから、

いつもの餌を食べなくなってしまいました。

きっととても美味しかったのでしょうね。

結局いつもの餌を食べたのは、私からはささみのご馳走はもらえないと悟った翌日でした。

猫は環境の変化には敏感です

新しい猫を家族として迎え入れた、または引越しをした等、

環境が変わっても餌を食べなくなることがあります。

まずは猫の好きにさせてあげましょう。

自分の居場所を見つけ落ち着かせてあげます。

無理に探し出したり、食べさせようとせず、

猫が「もう大丈夫だから、ご飯ちょうだい」

と出てくるまで待ってあげましょう。

そして出てきたら、静かな場所で餌をあげます。

猫は食器にもうるさいんです

当たり前のことですが、汚れている食器は嫌がります。

毎日きれいに洗ってあげて下さい。

またキラキラ反射する食器はあまり好みません。

プラスチックなどで落ち着いた色の器を用意してあげましょう。

加齢や病気で食べない時

猫も歳を取ると歯が悪くなり、かたい物が食べずらくなることがあります。

丸飲みしてしまうと消化も悪くなってしまうので、

柔らかい餌にするか、いつもの餌をぬるま湯でふやかしてあげてみて下さい。

また餌をあげたのに食べず、その場にじっと座っている。

食べたそうに匂いを嗅ぐけれど食べない。

お腹の調子も悪い。

そんな時は病気の可能性が高いので、獣医さんに見てもらいましょう。

まとめ

朝ご飯を食べなかったなど、一食分を食べなかった程度なら、

そこまで心配する必要はありません。気ままな猫です。

何か食べたくない理由があったのでしょう。

でももし食べないことが24時間続いたら、獣医さんに見てもらって下さい。

普段から愛猫の様子をしっかり観察し、少しの変化にも気付いてあげて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする