猫の便がゆるい原因と今すぐ出来る対処法とは? | 猫の餌って結局何がいいの?餌選び研究所

猫の便がゆるい原因と今すぐ出来る対処法とは?

猫の便がゆるくなる原因は、人間が下痢になる事と似ています。

理由には様々な事が考えられますが、まず猫がお腹を壊した時は落ち着き、

何が原因で下痢になってしまったのかを考えてみましょう。

猫の便がゆるくなってしまう原因は?

便がゆるくなる原因はたくさんあります。

キャットフードが合っていない、

人間の食べ物を食べてしまった、

賞味期限切れのフードを食べてしまった等、

食べ物によってお腹を壊してしまう事が多くあります。

穀物が多く入っているキャットフードも要注意です。

猫は穀物の消化が上手に出来ず、

消化不良を起こしてしまう事があります。

それが原因で便がゆるくなることがあるのです。

またキャットフードに含まれる添加物が原因で、

お腹を壊している可能性もおおいに考えられます。

普段から便がゆるい猫は餌を見直してみると、改善出来るかもしれません。

⇒グレインフリーと無添加が最強なわけはこちら

また腎臓系の病気になると、お水をたくさん飲みたがる猫がいます。

その影響で下痢をしてしまう場合があるので注意しましょう。

その他にもストレスで軟便になる事もあります。

引越しなどで環境が変わったり、新しい猫を迎え入れたなど、

人間にしたら些細な事も猫にとったら大きなストレスになります。

怪我をしたり去勢や避妊の手術をした、

または風邪を引いてしまった等の理由で薬を飲むと、

副作用で軟便や下痢の症状が出ることもあります。

寄生虫も軟便を引き起こす原因の一つです。

私が初めて飼った猫は、生まれてくる時に母猫から寄生虫をもらってしまったらしく、

飼い始めてすぐにひどい下痢をしました。

ご飯は子猫用だし、いつもと変わったことは特にありませんでした。

獣医さんに連れて行くと寄生虫だと言われ、虫下しの薬を飲ませたらすぐに落ち着きました。

猫の便がゆるくなった時の対処法は?

原因をたくさん挙げましたが、一番の原因として考えられるのは食事が原因の軟便です。

もし便がゆるいだけでなく、嘔吐やぐったりしている等、

他の症状がある場合はすぐに病院へ連れて行ってあげて下さい。

しかし便がゆるい事以外変わりがない場合は、

半日程断食をさせて様子を見てみると良いでしょう。

食べ物が原因の場合はすぐに良くなることもあります。

その場合は今使用している餌に問題がある場合がありますので、

餌の見直しをしてみて下さい。

我が家の猫たちも時々便がゆるくなり心配しますが、

次の時には普通の便に戻っている事がほとんどです。

でも半日断食させても治らない場合は他の病気が隠れているかもしれません。

すぐに動物病院に連れて行きましょう。

まとめ

食生活が原因で便がゆるくなる場合は、大抵すぐに改善する事ができます。

ですがそうでない場合、様々な病気が原因の事が多いです。

糖尿病、リンパ腫、猫パルボウイルス感染症等命に関わる病気も多いのが事実です。

たかが軟便、下痢と簡単に考えず、

少しでもおかしいなと感じたら獣医さんに相談するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする